ピアノで指を独立させるには?

ピアノを弾くにあたって、指を独立させる事は大切です。

指を独立させる事の重要性と、その方法をお話します。


1.ピアノで指を独立させる事の重要性

そもそも、ピアノにおける「指が独立している」とはどういう意味なのでしょうか。

例えば、全ての指を伸ばした状態から、薬指だけを折り曲げようとしてみて下さい。

中指や小指も一緒に動いてはしまいませんか。

これは、「指が独立していない」と言います。

ですから、「指が独立している」とは、全ての指を伸ばした状態から薬指や小指のみを曲げても、周りの指が一緒に曲がらない場合を指します。

人間の中指と薬指と小指は、腱同士が繋がっているため、それぞれを動かすのは難しいです。

しかしながら、ピアノを弾いている時は、それらがばらばらに動かないときれいに弾く事ができません。

よって、指同士がそれぞれ動かせる事、すなわち「指を独立させる」事が必要となるのです。


2.指を独立させるための練習

人間は生まれつき、中指と薬指と小指が独立していません。

これらを独立させようと思ったら、練習は必ず必要になります。

しかしながら、指の独立性は、指の腱の構造が原因です。

無理矢理独立させようとすれば、腱を痛めて、指が痛くなってしまいます。




焦らずに、根気良く練習しましょう。

練習としては、やはり練習曲を使うのが1番です。

特にハノンの最初の方には、指の独立のためのピアノの練習がたくさんあります。

特に薬指と小指は、生まれつき力の弱い指となります。

独立させるためにも、指を強くさせるためにも、特に丁寧に練習しましょう。

これらが改善されると、ぐっと上達しますよ。


3.指の独立度の確認方法

指の独立の具合は、左右の手や指によって変わってきます。

その確認法として、トリルを弾いてみるのが有効です。

中指と薬指のトリル、薬指と小指のトリルを左手と右手で弾いてみて下さい。

トリルの速さにばらつきはありませんか。

動かしにくい、トリルの速度が遅いと思った指の間は、独立していないと思ってください。

ハノンはものによっては、どの指のための練習か表示されています。

自分の苦手な指が練習できる練習曲を重点的に弾くと、上達が速くなりますよ。

ここで、注意して欲しいのは、指が痛くなるほど弾かない事です。

前にも述べたように、指の独立性や指の強さは生まれつきのものです。

量をこなせば、短期間で改善されるわけではありません。

ちょうど体の硬い人が、1日の柔軟で体が軟らかくならないのと同じです。

無理をせずに、少しずつほぐしていきましょう。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ