ピアノを弾いていて指が疲れる理由と練習

ピアノの練習をしていて、指が疲れたことはありませんか?

そんな方のために、「ピアノを弾いていて指が疲れる理由と練習」についてお話ししようと思います。


1.どうして疲れるの?

ピアノを弾いていて、本来なら指が疲れるということはないはずです。

ピアノが疲れるものだったら、プロのかたはコンサートで2時間も引き続けられるはずがありません。

では、疲れるということは、どこか体の使い方が間違っているということになります。

それは、指の動かし方だと思います。

弾くときに無理矢理動かすことによって力が入って、鍵盤を無意識に押さえつけて弾いているため、疲れてくるのです。

疲れる練習をしていると、ピアノを弾くのが億劫になってしまいますよね。


2.手のフォームから改善させてみる

疲れる理由が分かったところで、指が疲れないために、どうしたら良いのでしょうか?

それは、まずは手のフォームを正しくして、関節から指をしっかり上下に動かすようにすると良いと思います。

指の第三関節から上下に動かすようにして弾きたいので、手のフォームも第三関節が高くなっている状態を保てると良いです。

ピアノの先生から言われたことがあるかもしれませんが、手のひらに卵やボールを入れているイメージです。




フォームを正しくしないと、指を速く動かしたり難しい音型を弾こうとすると、もっともっと疲れて、上達を遠ざけてしまう可能性があります。


3.力を抜く

正しい指の動かし方を身につけたら、次は、弾きながら力が入らないように注意していきましょう。

1音弾くたびに力が入っていないか確認していく練習法があります。

やり方は、指は音を弾いたままにして、鍵盤に指を沈めた状態で力が抜けているか、自分で腕を動かしてみたり、先生や側にいる人に腕を動かしてもらうのもいいかもしれません。

これができないと、弾いているときにずっと力が入ったまま、鍵盤を力で押さえつけていることになってしまいます。

片腕の重さは体重の6%ほどと言われていますが、ピアノでは、その重さを弾いている指で支えているのです。

鍵盤を押しつけるのではなく、鍵盤に体重を乗せる、ということですので、本来は疲れないはずですよね。

また、指や腕だけでなく、体全体も力まないように気をつけてくださいね。

上半身は自由に動かし、下半身は踏ん張らない程度に支えているといいです。

まずはこれらのピアノを弾く仕組みから理解して、弾いていて疲れることがないようになるといいですね。

無理なく練習して、上達していきましょう!







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ