ピアノの指のフォームの大切さ

ピアノの練習は、ただ弾いているだけでは上手くならないので、指のフォームにも注意しなければなりません。

そこで今回は、「ピアノの指のフォームの大切さ」というタイトルでお話していこうと思います。


1.なぜ大切なの?

まずは、なぜピアノを弾く上で指のフォームが大切なのか、その理由から説明します。

それは、フォームが良くないと、正しく指が動かず、その結果、曲が弾けなくなるだけでなく、指や腕を痛めてしまうことにもつながってしまうからです。

ピアノは音楽であり芸術ですが、スポーツと同じ要素も持っています。

指だけでなく腕も一緒に動かしたり、上半身を前のめりにしたり後ろのめりにしたり。

足でペダルを踏むのもタイミングや速さなど、運動神経にも関わっています。

実はピアノは全身運動だということがお分かりいただけましたか?

スポーツでは、正しくラケットを振れていなければ、ボールに当たらなかったり、変な方向に行ってしまうことは、簡単に想像できると思います。

それと同じで、ピアノも正しく動かせなければ、綺麗な音は出てくれません。

間違ったフォームで練習を続けて、体を痛めてしまっては、元も子もありません。

そのために、指のフォームに気を配り、正しく楽に動かせるようにしていきましょう。




フォームの違いによって、上達のスピードは全然違いますよ。


2.どういうフォームが正しいの?

それでは、どういうフォームが正しいのでしょうか?

ピアノを習ったことのある方は、ピアノの先生から「卵形」や「猫の手」といった言葉を聞いたことが一度はあると思います。

これらは手の形に関することで、どちらも指の第三関節の骨が出ているようにしよう、ということです。

もっと分かりやすく説明すると、一度手をグーにしてみると、第三関節の骨が飛び出しますよね。

ピアノを弾くときのフォームも、それに近いくらい骨を出して、指は伸びた状態でなくゆるくカーブを描いた状態で、手のひらの中に卵が入るくらいまぁるく、という意味です。

この状態が基本で、指を動かすときは第三関節から上下に動かします。

そして鍵盤には指先で触るようにしましょう。

指の弱い子供は特に、指の腹で弾きがちですが、正しいフォームを作って指先で弾く癖をつけていきましょう。

このようにピアノの指のフォームの大切さを理解し、正しいフォームで練習をすれば、難しい曲にもどんどんチャレンジしていけるはずです。

ピアノの練習は、ぜひフォームから上達させてみてくださいね。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ