ピアノで速弾きするときの練習

ピアノで速弾きのフレーズがある時、ひたすら速く弾く練習をしても一向に上達しません。

ピアノの速弾きができるようになるにはどんな練習をすればいいのかをお伝えします。

1.音を揃える

ゆっくりなテンポの曲は、きちんと弾けているかどうか自分の耳で確かめるのは難しくないと思います。

しかし速弾きはテンポが速いぶん、耳で確認するのが難しいです。

一見弾けているように聴こえても実は音符の粒が揃っていなかったり、きちんと音が出ていなかったり、微妙にリズムがずれていたりすることがあるので、細かいところを確認しなければいけません。

具体的にどのようにして速弾きの練習をすればいいのか次の項目でお伝えします。

2.ピアノで速弾きする練習法

速弾きの練習をする際、いつも速いテンポで練習していては弾けるようになりません。

ではどのように練習すればいいのか3つの練習法をお伝えします。

1.ゆっくりのテンポで指や手の形を確認する

速いテンポで練習する前に、まず正しい指の形、手の形、指番号を確認しましょう。

それが正しくできていないと速弾きはできません。

指は立てているか、手首は鍵盤より下がっていないか、指番号は間違っていないかをゆっくりのテンポで弾きながら目で確認してください。

そして正しいリズムで弾けているか、音符の粒がきちんと揃っているかなどの細かいところをゆっくりのテンポで確認しながら弾きましょう。




2.テンポを順番に上げていく

それがしっかり確認できたら、次はゆっくりのテンポから片手ずつ練習します。

両手で練習すると、弾けていない箇所に気づきにくいので必ず片手ずつ、きちんと弾けているかどうか確認しながら練習します。

たいていの人は左手の指の方が動きにくいと思うので左手から練習しましょう。

毎日、1つずつでいいのでテンポを上げて練習します。

毎日少しずつテンポを上げていけば、目標のテンポでできるようになります。

何日までに目標のテンポで弾く、と先に決めておくとそこから逆算して毎日どれぐらいテンポ
を上げていっていいのかがわかりやすいですね。

3.リズム変奏

目標のテンポで弾けるようになったけれど、うまく指が動かない箇所がある場合はリズム変奏します。

速弾きしたいフレーズの反対ことをしてみましょう。

スラーのフレーズの時は、スタッカートで弾いたり、跳ねるような付点音符にして弾いてみましょう。

逆の場合も同様に練習します。

あと、3連音符を使ってみたり、フォルテやピアノなど音の大きさを変えて練習するのも良いでしょう。

そうすれば、元のフレーズが弾きやすくなり、指の動きもスムーズになるでしょう。

ピアノは根気よく練習をしなければ上達しません。

速弾きの練習も同じで、毎日根気よくゆっくりのテンポから練習していきましょう。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ