ピアノのハ長調の左手をマスターしよう!

ピアノでハ長調の練習をしていて、なかなか上達しづらいのは、左手ですよね。

そこで「ピアノのハ長調の左手をマスターしよう!」と題して、左手のことからハ長調の練習までお教えしようと思います。


1.左手が難しい理由

まずはハ長調に限らず、ピアノにおいて、左手が難しい理由からお話しします。

右利きの方は特に、日常生活で左手を使うことは、少ないですよね。

物を持ったり掴んだりくらいは利き手でなくてもできたとしても、文字を書いたりお箸を使いこなすのは、利き手でないと難しいと思います。

そんな使い慣れていない左手ですので、ピアノを弾くときだけいきなり右手と同じように動け、というのも無理な話です。

それだけでなく、ピアノの左手のパートは難しく、右手よりも音が多いこともよくあります。

左利きの人でも、左手をたくさん練習しなければならないほどです。

さらに、右手はメロディーであることが多く、目立つので、両手で弾いているときに意識がいきやすいのですが、左手はおろそかになりやすいため、常に注意が必要です。


2.ハ長調の指使い

ここからは実際にハ長調の左手を弾くことに関するお話しにうつります。

まずはハ長調の左手の指使いの確認からですが、ドから上へ上がるときは54321321、下へ下がるときは12312345となります。





3.指くぐりをマスターしよう

ハ長調の左手を上達させるには、指くぐりをマスターしましょう。

具体的には、上がるときのラで3の指を1の指の上を通ってくぐらせる箇所と、下がるときのソで1の指を他の指の下を通ってくぐらせる箇所です。

上手にくぐるポイントとしては、くぐる準備を早くすることです。

その箇所が出てきてから急に動き始めては間に合いません。

あらかじめ、準備に取りかかるようにしましょう。

もう1つのポイントは、くぐる動きをするのは、あくまで指だけ、ということです。

腕は少し動きますが、肘が横に飛び出るほど動かないように注意してください。

そうすることによって、スムーズにハ長調を弾けるようになりますよ。


4.両手の練習方法

これらのことに注意して左手が上達したら、両手の練習にうつってください。

左手が弾けていると、驚くほど両手も弾けるようになっているはずですよ。

万が一まだ両手が弾けなくても、練習は、右手よりも左手を多くするようにしてみてください。

ピアノにおいて、左手の練習というのは、かなり大切です。

今回は「ピアノのハ長調の左手をマスターしよう!」というタイトルでお話ししましたが、ハ長調に限らず、左手の弱点を理解しながらたくさん練習してみてくださいね、







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ