ピアノで同音連打のための練習法

ショパンやリストなどでよく使われる同音連打。

速く長いものになると、指が動かなくなりますよね。

今回はピアノの同音連打について、いくつかお話ししたいと思います。


1.ピアノと同音連打

ピアノと同音連打は、実は相性があまりよくありません。

ピアノは、弦をハンマーで叩く事によって音を出しています。

ですから、音を出した後、同じ音を出すには、鍵盤とハンマーが上がるまで待たなければならないのです。

どんなに速く指を動かす事ができても、鍵盤が上がりきる前に鍵盤を押してしまったら意味がありません。

ただ鍵盤を素早く叩くだけではなく、ちょうど良いタイミングで押し込むようにしましょう。


2.同音連打を弾く時の指の動かし方

同音連打の弾き方にはいくつかありますが、どんな弾き方にしろ、同じ指で弾き続ける事はありえません。

同じ指で弾くと、ピアノでは連続で鍵盤を打ちにくいからです。

一見、指を変えていく方が難しいように感じるかもしれませんが、慣れれば確実にこちらの方が正確に、素早く同音連打を弾く事ができるので、上達を目指して頑張ってみて下さい。

さて、それでは代表的な同音連打の弾き方を2種類紹介していきます。

どちらの場合も、「321321」の順、すなわち「中指、人差し指、親指」の順番で弾きます。




1つ目は、指を内側に巻き込むように弾く、同音連打の弾き方です。

ピアノを弾く時の正しい手の形のまま、指を内側に巻き込むように、鍵盤を手前に引っ掻くように弾いてみましょう。

この時、手首は前後に動きます。

うまくいけば、力を抜いたまま、素早い同音連打を打つ事ができますよ。

同音連打の2つ目の弾き方は、手を横方向にスライドさせる弾き方です。

弾く音の上に手首を置き、右手ならば右側に、左手ならば左側に手をスライドして弾きます。

この時に、手首は前後に移動したりせず、真横に動かすようにしましょう。

2つの方法を紹介しましたが、どちらが良い、どちらが悪いというわけではありません。

自分に合っている方を選びましょう。


3.同音連打の練習方法

同音連打は正直、飛躍的に上達するような特別な練習方法はありません。

正しい手の形、正しい指の動きで弾く方法を身につけ、ひたすら練習します。

しかしながら、やはりピアノの基本的な練習と変わらず、最初はゆっくりのテンポでしっかり弾き、少しずつ少しずつテンポを上げていきましょう。

コツとしては、とにかく力を抜く事です。

同音連打では、力めば力むほど手がこわばり動かなくなってしまいます。

手や腕の力がしっかりと抜けている事を確認しながら、弾いてみて下さい。

きっと弾けるようになりますよ。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

One Response to “ピアノで同音連打のための練習法”

  1. はんな より:

    確かに。
    連打の練習は、手の形が崩れやすいです。
    どのテクニック練習でも、手の形を意識して練習したいと思います。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ