ピアノで細かいパッセージの練習法

難しい曲ほど、たくさん出てくる細かいパッセージ。

うまく弾ければかっこいいですが、少し詰まったり、転んだりするだけで、台無しになってしまいますよね。

そんな細かいパッセージのピアノの練習法を、ここでは紹介していきたいと思います。


1.ゆっくりから速く

ピアノで細かいパッセージを練習する時にやってしまいがちなのが、最初から目標のテンポで練習することです。

細かいパッセージというのは、他の部分より多くの音符を弾かなければならないのですから、速くなるのは当然です。

ですが、速いテンポで練習しても、絶対にきれいに細かいパッセージを弾くことはできません。

なんとなく引っかからずに弾けるようになっても、実際に聞いてみると、転んでいたり、なんだか雑に聞こえたりします。

当然と言えば当然のことです。

ゆっくりで弾けないものを、速く弾けるはずがありません。

しかし、つい原曲のイメージに近づけたくて、速いテンポで練習してしまう人が多いのも事実です。

気持ちはとてもよく分かります。

けれど、そこをぐっと抑えて、ゆっくりと練習してみてください。

最初は、これでもかというくらい、ゆっくり弾いて良いです。

1音1音丁寧に、はっきりと弾きましょう。

メトロノームがあるのならば、使って練習すると正確です。

そして徐々に徐々にテンポを上げていきましょう。

ゆっくり何回も練習することによって、少しずつ指が形を覚えていきます。




遠回りに感じるかもしれませんが、「急がば回れ」。

ゆっくり弾いた分だけ、細かいパッセージが、速く、きれいに弾けるようになるはずです。

焦らずじっくりと練習してみて下さい。


2.音量、タッチを変えて

「ゆっくりから速く」。

先程述べたように、これがピアノで細かいパッセージを練習するうえで上達するコツです。

しかし、ゆっくりから徐々に速くしていても、どうしてもこの速さでは弾けない、というテンポが出てきます。

そこで、やってほしいのが、音量とタッチを変えた練習です。

例えば、全ての音をフォルテで弾く、全ての音をスタッカートで弾く、という練習です。

この時に注意してほしいことが、やはりこれも「ゆっくりから速く」練習していくことです。

1音1音はっきりと、ひっかからずに弾けるテンポから始めましょう。

そして、少しずつテンポを上げていってください。

ある程度のテンポまで弾けるようになったら、普通の弾き方に戻しましょう。

全ての音をフォルテやスタッカートで弾くには、指の筋力と集中力が必要です。

そのような練習をした後に、普通の弾き方に戻すと、驚くほど指が動きやすくなっていると思います。

これもまた、地道な練習ですが、やればやった分だけ上達します。

細かいパッセージはなんとなく弾くのではなく、「きれいに」弾くことが大切です。

曲全体のイメージを雑なものにしない為にも、是非試してみて下さい。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ