ツェルニーを使ったピアノの基礎練習

ピアノで難しい曲を弾きたいのならば、必ず欠かせない基礎練習。

そんな基礎練習のための練習曲として、ツェルニーはとても有名ですよね。

練習曲ならばバイエルやハノンなどもありますが、それらと比べてどんな特徴があるのか、また、どのように活用していけばよいかを紹介していこうと思います。


1.ツェルニー練習曲の特徴

ツェルニーの練習曲には、「ツェルニー練習曲100番」「ツェルニー8小節の練習曲」などありますが、やはり1番有名なのは、「ツェルニー練習曲30番」「ツェルニー練習曲40番」「ツェルニー練習曲50番」でしょうか。

「30番」「40番」「50番」の順で難しくなっていき、50番まで行くと、音大生レベルになってきます。

バイエルの後の練習曲として使われることが多く、「50番」までしっかりと終えれば、超上級者向けの曲が弾けるまで、上達するでしょう。

同じく練習曲として有名なものに「ハノン」もありますが、難易度としては「30番」「40番」辺りです。

しかしながら、「ツェルニー」と「ハノン」には弱冠の性質の違いがあります。

音大生や時間のある方ならば兼用していただければ良いですが、趣味などでやっている方は、少し考える必要があるでしょう。

算数の問題に例えるのならば、「ハノン」は計算ドリル、「ツェルニー」は文章問題と言えるかもしれません。

「ハノン」は1曲ごとに1つのテクニックをひたすら繰り返します。




ちょうど、計算ドリルの「足し算の筆算」「あまりのある割り算」といった感じです。

一方「ツェルニー」は、もう少し音楽的で、1曲の中で使われるテクニックを大まかに決めつつも、自由度の高い構成となっています。

文章問題で言えば、「足し算の筆算が出てくる問題」といった感じです。

どちらが良い悪い、簡単難しい、というわけではありません。

例えば、音楽にそれなりに詳しく、自分に必要な技術が分かっているような方ならば「ハノン」を、あまり専門用語は分からない、楽しく基礎力を伸ばしたい方ならば「ツェルニー」を使うのが良いでしょう。

自分のスタイルによって使い分けてみて下さい。


2.ツェルニーを使ったピアノの練習法

「ツェルニーのピアノの練習法」と言っても、基本は他の曲を弾く時と一緒です。

片手ずつで一通り弾いた後、両手で通します。

その後、強弱やペダルをつけてみましょう。

重要なのはテンポです。

練習曲なので、それなりのテンポで弾かなければ意味がありません。

できるだけ指定されたテンポで弾けるよう、練習しましょう。

弾けない場合は、1度片手ずつ弾いてみる、リズムを変えて弾いてみるなど、工夫してみて下さい。

また、テンポ通りに弾こうとして、不明瞭な音や雑な弾き方にならないようにも、注意しましょう。

しかしながら、やはり上達するコツは「継続すること」です。

あまりこだわりすぎず、適度な所で進めて、挫折しないようにするのも大切です。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ