ピアノ初心者の王道上達するためのバイエル攻略法

ピアノを習っていない人でもバイエルは知っている!という方は大勢いらっしゃると思います。

それぐらい日本ではピアノといえばバイエルという図式が出来ているということですね。

そんなバイエル教則本について書いてみます。


1.上達する為のピアノの練習に必須?!バイエル教則本

バイエルとは「フェルナンド・バイエル」というドイツのロマン派の作曲家が作った教則本のことです。

バイエルとは人の名前なんですね。

そのバイエルが活躍していた時代、ピアノがかなり発達し、現在のピアノに近くなった頃で、モーツアルトのころに比べると音域も広がり、ピアノの構造もかなり頑丈になり、音量もだせるようになってきたそうです。

バイエル教則本は、親しみやすいメロディが多い練習曲で、日本では上巻、下巻に分かれています。

バイエルは子供と初心者を意識してこの教則本をつくったようです。

内容的には古典の要素が多く、基本的に音域が狭い範囲で弾け基本の伴奏(左手のドソミソドソミソ・・・の形)が多く取り入れられています。

日本には明治時代にバイエル教則本が入ってきたといわれています。

そして日本では「ピアノといえばバイエル」と言われるぐらいの地位を築きあげてきたのです。


1.ピアノ練習初心者の上達に最適、バイエル上巻

バイエル上巻とは1~43番までのことです。




ところどころに「先生方へのお願い」がかかれてありますが、レッスンへの着眼点が書かれており、こういうことを出来るようにするために練習するんだ!と理解しやすいと思います。


2. ピアノ練習初心者の上達に最適、バイエル下巻

バイエル下巻とは44~106番のことです。

保育士試験のピアノ実技でもバイエル下巻程度まで弾けないと、少々キツイと言われております。

また、バイエル下巻は、上巻の続きで使う方もいますが、上巻を使わず、違う教本をつかい、そのあと、下巻から使うといった先生方もいらっしゃるようです。


2.現在ではピアノの練習曲も増え、バイエル以外の上達する為の選択肢が沢山あります

バイエルについて書いてみましたがいかがだったでしょうか?

昔は初めてのピアノにはバイエルといった感じですが、現在ではピアノの教材が格段に増え、バイエル以外を選択することも多くなってきました。

しかし、今でも、バイエル上巻程度、バイエル下巻程度とレベルの目安を確認するとき、バイエルを基準として説明していることも多々あるので、とても良い教材であることは変わりないと思います。

習っている先生によって使う教材は違ってくるとは思いますが、うまく取り入れてピアノが上達するようなバイエルの使い方をしたいものですね。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ