ピアノの練習曲バーナムってなに?

ピアノの練習曲にもいろいろあります。

ピアノを習っていると近頃「バーナム」という言葉をちらほら聞くことがあると思います。

そもそもバーナムって何?

バーナムについて書いてみようと思います!


1.ピアノの練習曲の話で良くバーナムというのを聞くんだけど知ってる?

バーナムとはピアノ教材「バーナムピアノテクニック」の著者、エドナ・メイ・バーナムのことです。

彼女はアメリカのピアノ教育界に大きな功績を残した作曲家であり教育者です。

バーナムは音楽の導入教育のための教材を多く世に送り出しています。

その代表的な教材を紹介したいと思います。

きっとピアノの練習が上達する為に役に立つと思いますよ。


1.バーナムピアノ教本

ピアノを弾く上での基本を無理なくゆっくり学ぶことが出来ます。

導入から初級~全6巻によるピアノ教本です。

1巻では、ピアノの楽しみを覚え、2巻では、更に深く広く、音楽的な知識と技術を養う練習を目指します。

3巻は、1、2巻よりさらに進んだ技術の習得を目指します。

内容的には、アウフタクト・強弱記号・表情記号。アクセント記号・スタッカートなどです。

4巻は、1~3巻で習得した学習事項を元に、鍵盤の音域は4オクターヴに広がり学習していきます。

内容的には、調号が二つの調、三連符、D.C.al Fineとセーニョ記号、dolce、Marcato等の音楽用語などです。

5巻ではかなり進んだ内容で、導入段階ながら音楽的でないようの深い曲を弾いていき、6巻で完結します。




初めてピアノに触れる段階からピアノの楽しみを覚えるまでを音楽ゲームなどで身に付けることが出来ます。

2.バーナム・ピアノ・テクニック

柔軟性のある指を育て、表現力を身に付け子供にやる気を起こさせる某人形のイラストと一緒に、楽しく取り組める人気シリーズです。

バーナム・ピアノ・テクニック1だけでもしっかり弾けるようになればかなりのピアノテクニックを身に付けたということになります。

各曲の始めにワンポイントが書かれていて、これが意外に大事で、よく意味を理解して進めていく必要があるといえます。


2.最近はピアノ初心者の練習にバイエルよりバーナムを使う先生が増えています

昔は、ピアノを習い始めるとまずバイエル!といった感じでしたが、今は導入書にいろいろな本があります。

昔より選択肢が広がった気がします。

バイエルはつまらないというお子さんも多かったですが、バーナムは棒人形のイラストが入っていて楽しいですし、わかりやすくその棒人形で説明されています。

しかし、親の自分が習っていたときはバイエルを使っていたのに、いざ子どもに習わせたときに、「バーナム」を使いましょう!といわれて戸惑うお母さんのお話もよく聞きます。

教育も常に研究されているので、昔の常識が今は通用しなかったりすることが多々あります。

ピアノも同じで、常に研究されていて、練習曲もその時代にあったものが受け入れられやすいのです。

ピアノの世界も常に進化しているのです。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ