独学で学ぶジャズピアノの上達練習法

ジャズってよくわからないけど、とにかく弾いてみたいということってありますよね。

本記事では、独学でも楽しみながらジャズピアノを体感できるの練習法についてご紹介します。


1.ジャズアレンジのピアノ曲集を弾いてみる

とりあえず何でもいいからジャズピアノを弾きたい、ということであれば、ジャズアレンジされたピアノ曲集を練習するのがよいでしょう。

ジャズ的な感覚を手っ取り早く身につけることができる練習法です。

耳コピをしてみるのもよい練習になりますが、何しろ音が複雑でとんでもなく時間がかかってしまいます。

CD付の楽譜であれば、まず耳で聞いて、楽譜で音を確認して、自分で弾いてみて、なるほど、こう弾くとこんな響きになるのかと確認するだけでも、耳は鍛えられていきます。

ジャムセッションができるようになるには、耳も鍛える必要がありますので、模範演奏付の楽譜を購入することをお勧めします。


2.ジャズアレンジを研究する

ジャズアレンジされたピアノ曲集を練習することの恩恵は、実はこれだけではありません。

ジャズとは、基本的にアドリブなので、最終的には楽譜はコードネームだけになります。




さらに、ジャムセッション中には、そのコードさえその場の雰囲気で変化して行きますので、楽譜なんかあっても無駄になってしまいます。

そのためには、コードネームやコード進行についてもよく理解しておかなければなりません。

ジャズアレンジされたピアノ曲集には、たいていコードネームもつけられていますので、そのコードについても目を向けるようにしましょう。

まず、コードネームに焦点をあててみましょう。

そのコードネームが表している音をすべて弾いてみると、どういう響きになるのか、楽譜ではどの音が省略されているのか、どういうヴォイシング(音の配置)になっているかを観察してみましょう。

コード進行に焦点を当てて、どのような理屈で次のコードに移っているのかを考えて見ましょう。

アドリブのようなソロがある場合は、スケールがどうなっているか、バッキングはどのようになっているか、そのタイミングはどうかなど、様々なことを教えてくれるのがジャズアレンジされたピアノ曲集なのです。

大切なのは、わからないところは、理論書などを読み進めるうちにわかるようになってくるものですので、その時、その時にすべてをわかろうとしないことです。

ジャズアレンジされたピアノ曲集を活用する練習法で、楽しみながらジャズピアノを学びましょう。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ