ジャズピアノのアドリブ

アドリブとは、自由な即興演奏のこといいますが、ジャズとは、いわばアドリブ合戦のようなものですので、アドリブができずしてジャズピアノを弾くことはできません。

本記事でアドリブができるようになるきっかけをつかんでもらえたらと思います。


1.メジャースケールで弾いてみる

右も左もわからない最初のうちは、ジャズピアノのアドリブ用の教本に載っているメロディを弾きながら練習するのもよいでしょう。

ただ、アドリブというのは、いわば、その場で作曲しているようなものですので、メロディを創造する練習が何より重要です。

最初はセンスのかけらもないようなものしかできなくても、自分で作り続けることが重要なのです。

KeyがCであれば、コードがどんなに変わっても、ベースがどんな動きをしていても、白鍵だけ、つまりメジャースケールを弾いていれば十分にアドリブができるのです。

他にもいろいろジャズらしいスケールがありますが、一番簡単なメジャースケールでアドリブができないのに、なじみのないスケールで弾いたからといってすぐにアドリブができるものでもないと思います。

単純に、左手でCのコードを引き続け、右手は白鍵を自由に動き回るだけでも、十分なアドリブの練習法になりますので、ぜひやってみてください。




次はkeyをFにして、その次にGやB♭というふうに、一つずつ黒鍵を増やすことで黒鍵にもスムーズに対応することができるようになります。


2.他のスケールで弾いてみる

それでもジャズピアノっぽくアドリブしてみたい、ということであれば、まず覚えるべきは、コンビネーション・オブ・ディミニッシュ・スケール(通称:コンディミ)です。

名前のとおり、半音違いの二つのdimコードをあわせて作られたスケールで、半全半全半全半全という音程のスケールです。

目的の音に向かって、全半全半の音程で下降して解決します。ドで解決したい場合は、ファ#→ミ→ミ♭→レ♭→ドとなるのがコンディミです。

これを使うだけで、ずいぶんジャズっぽくなりますので、使ってみてください。

そのほかに、オルタードスケール、ハーモニック・マイナー・パーフェクト・5th・ビロウ・スケール、ブルーノート・スケール、ホールトーン・スケールを覚えるといいでしょう。

スケールを覚えるのは大変なことですが、自分の感覚にあう、好みのものからはじめるのがよいと思います。

千里の道も一歩からです。がんばりましょう。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ