上手にピアノをひく為の基礎練習法

ピアノを弾く為に必要な基礎練習法は、まずはピアノの鍵盤に慣れる事から始まります。鍵盤に毎日触れる事をこころがけ、指を動かすようにしましょう。

教室で使用される定番はハノンという練習楽譜本です。上手に弾けるようになってもこのハノンは続ける人も多いです。

曲を弾く前のウォーミングアップと思って毎日の習慣にすれば指もスムーズに動く様になります。慣れない人は片手からでも良いのでこの練習法を取り入れる事は必須といえます。

右手と左手で別々の音を弾くということに抵抗のある人の為の練習法の一つとして、手でリズムを取る簡単な方法があります。

左手は主に伴奏になるので、例えばタン、タン、タンと一定のリズムを刻みます。そして右手は主にメロディーになるのでタン、タ、タンという繰り返しにしてみましょう。

少しの違いで簡単と思いますが、初心者の方には難しかったりします。膝の上や机の上などをたたいてリズム感覚を覚えましょう。

ある程度リズム感やピアノに慣れてきたら、簡単な楽譜のものからトライしてみましょう。




難しい曲を弾きたい気持ちはわかりますが、まずはバイエルなど簡単な楽譜本からです。基礎をいかせる楽譜になっていて今までの練習が役立ちます。

同時に楽譜の読み方も勉強すると簡単な曲であっても個性が出ます。感情を入れて演奏すれば、体も自然とのってきます。

ある程度簡単な曲をひけるようになったら、発表する場を設けましょう。人に聞いてもらう事はうまくなることに拍車をかけます。

そして発表して演奏がうまく行けば達成感が生まれ、さらなる目標が生まれます。

演奏がうまくいかなかった人も次はもっとうまく弾きたいという感情がうまれるでしょう。練習の成果を実感する為にも発表する場はとても大事といえます。

どんなにうまく引ける人でもピアノをやる上で基礎練習は欠かせません。スポーツ選手が基礎体力を作ることを欠かさないように、ピアノにとっても基礎は欠かせないのです。

ハノン、バイエルを終えて、ソナチネ、ショパンなど段階を経て積んで行けばピアノは必ずうまく弾けるようになるはずです。

なぜならその段階段階に次に必要なテクニックが埋め込まれているからです。ピアノ練習は急がずコツコツと頑張りましょう。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ