ピアノを上達させるための練習法に大切な2つの要素と究極要素

ピアノを上達させるための練習法には習う生徒さんのレベルもよりますが、一般的に分けて2つあると思います。

一つは「テクニックありき」で、まず技術を磨いて曲を弾けるようにするシステマティックな練習法、もう一つは「どの曲をどういう風に弾きたいのか」、弾きたい曲とそのイメージをまず明確に持つ事から入る練習法です。

まずテクニックを上達させる方法についてですが、指を強くする事と素早く動かせるようにする事、あとは音の粒を揃える事が基本で、残念ながらこれに近道はありません。ある程度の時間と練習量が必要だからです

ハノンやツェルニー、クラマービューローなどの練習曲が定番で指を強くし、早く動かせるようにするには良い練習法ですが、機械的な面があるので少し退屈かもしれません。

既にある程度ピアノを弾ける方なら、今までに習った曲で好きな曲をゆっくりしたテンポで一音、一音強くはっきりと弾くのも一つの方法だと思います。例えばモーツアルトのソナタでトルコマーチの一部分だけとかブルグミュラーの曲の中から指の練習用に弾くと言う方法です。

粒をそろえるには粒を揃えたい箇所をリズムや弾き方を変えて弾いてみるのが効果的だと習いました。付点にしたりスタッカート、シンコペーションに変えたりして、意識的に粒が揃わないように弾く方法ですが、不思議と粒が揃って転ばなくなってくるのです。




もう一つ大切なのは、忙しい方も多いと思いますが、できれば毎日ピアノを弾く事だと思います。

次に弾きたい曲とそのイメージを持つ事から入る練習法についてお話ししましょう。

 「この曲をこうやって弾きたい」という気持ちがピアノの上達に良い練習法になる事が多々あります。初心者でベートーベンの月光ソナタの1楽章を弾いた方がいらっしゃいましたが、どうしてもその曲を弾きたいという情熱がテクニックを超えて彼女にその曲を仕上げさせたのです。

又「このメロディーはクレシェンドで一気に盛り上げたい」と思えば、メロディーの途中でつかえているわけにはいきませんよね。

きっと何度も練習して転ばないようにするでしょう。気持ちの昂ぶりをメロディーに乗せるというよりは、気持ちの昂ぶりがメロディーを引っ張っていくと言う感覚が生じるのです。

そして弾きたいイメージ通りに弾くには、もっと練習してテクニックをさらに上げるという事につながっていくのだと思います。

「好きこそものの上手なれ」とはよく言った物だと思います。2つの練習法と共に、ピアノを好きになる事が究極の上達方法だと思います。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ