1曲を仕上げるまでのピアノ練習法

1曲を仕上げるまでのピアノ練習法で大切なことは、その曲を弾く前に、ハノン、ツェルニーで鍵盤に指をおろす時の指の上げ下げ、音の強弱の出し方をしっかり行って、指がしっかり動くようにすることが先けつです。

まずゆっくりフォルテで鍵盤にゆびをまげてしっかりおろすことが大事です。それができるようになったら、速く弾いたり、ピアニッシモで弾いたり、リズムをつけて練習することです。




これは、初心者であればあるほど大切でどんな曲でもピアノを弾く上での基礎になってきます。指が動くようになったところでピアノ練習法としては約半分がおわったようなものです。

自分の弾きたい曲があれば、CDやパソコンで聞く、あるいは先生に目の前で弾いてもらえば一番よいですが。、まずは曲の構成,起承転結をつかむとよいです。

自分ひとりで練習していると、音をよむことばかりに気をとられ、変なくせがついてしまい、中々弱点がなおせなくなるので、やはりプロの先生にみてもらうと綺麗にしあがります。

あとは、一曲譜読みをした段階で弾けなかったところ、苦手なところを中心に何度も弾いて練習することも大切です。

ピアノ練習法として、一曲をはじめから最後まで何度も弾いて練習するより、苦手な所を何度も弾いてマスターできてから、一曲をとして弾く方が、はやく上達し、はやく仕上がります。

そして仕上がったところで、できれば、暗譜できるとなお自分のものになり、曲想をつけることに集中できて上達していきます。

初心者、中級者ぐらいであればある程度?曲の譜読みができた段階で、変な癖がつかないうちにプロの先生にみてもらうほうがいいです。

上級者でも自分ではうまくしあがっているつもりでも、プロの先生からみると、おかしい個所があるものです。

?曲を丁寧にしあげれるようになったら、できるだけたくさんの曲を弾いてみることによって、譜読みも徐々にはやくなり、自分なりのピアノ練習法のパターンもよくわかってくるのではないかと思います。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ