ピアノを弾く子供の未発達な指を守る脱力奏法とは?

ピアノを習っていて指や腕を痛めたことありませんか?

実はその指や腕を痛めた原因がから指導されていたハイフィンガーの影響だったとしたら?

ここでは子供の未発達な指を守る脱力奏法について書いていきたいと思います。


1.昔はハイフィンガー今は子供も指を痛めない脱力奏法が主流です

昔と今では使う教材やピアノ奏法まで違います。

たとえば、昔はピアノ教材としてバイエルを良く使っていました。

しかし今ではバイエルはスタンダードとは言えません。

ピアノを教えていて親御さんによく質問されるのは、「バイエルは使わないんですか?」です。

そして手の形も昔と今では違います。

ピアノを昔習っていた方で卵を包み込んだような手の形と指導されませんでしたか?

私も習い始めの頃はそのように指導されました。

そしてピアノ奏法も今と昔では違います。

昔はハイフィンガー奏法が主流でしたが、今では脱力奏法、重力奏法という方法が主流になってきています。

ピアノの奏法も時代によって負担のない良い方法が研究され変わってきているのです。


2.ピアノを弾く子供の未発達な指を守る脱力奏法

脱力奏法について詳しく書いていきます。


1.脱力奏法とは

脱力奏法は、簡単に言うと腕の力を抜いて弾く奏法のことです。




ただ脱力して弾くだけではなく、鍵盤から指をなるべく離さないで、腕の重み、重力を利用し、重心移動をしていく奏法なので腕や指に負担が少ないです。


2.脱力奏法の良いところ

昔、日本で主流だったハイフィンガー奏法はとにかく腕や指が疲れて、腱鞘炎になって指や腕を痛めてしまう人もいました。

しかし、脱力奏法だと、指や腕に負担が少ないので、ケガも少ないです。

また脱力奏法はピアノの音の響きがとても豊かになるところですね。


3.脱力奏法でも強い音は出せます

ピアノで強い音を出す時、どのように出しますか、たたきつけるように弾けば大きい音は出ますが、毎回それでは指を痛めてしまいますよね。

ピアノの音の大きさは、鍵盤の奥にあるアクションの中のハンマーのスピードで決まります。
つまり、鍵盤を離れたところから叩きつけなくても大きい音は出るということです。
脱力奏法のように鍵盤から指を離さなくても早く鍵盤を動かせば大きい音は出せるのです。

この弾き方なら指を痛めませんよね。


3.ピアノを弾く子供にこそ脱力奏法を

ピアノを弾く子供の指に脱力奏法が良いことはお分かりいただけたと思います。

音楽は、指や腕を痛めてしまう奏法では長く楽しめません。

是非長く音楽に親しむということで、指や腕にも良い奏法を心がけてくださいね。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ