子供がピアノのペダルを使うときの注意点

ピアノのペダルを使うといろいろな効果があり演奏の幅が広がります。

子供用のテキストでもペダルを使う曲はたくさんあります。

そこで子供がピアノのペダルを使う時の注意点をお伝えしたいと思います。

1.ペダルの効果

ペダルを使うとどのような効果があるのでしょうか。

ペダルは3本あって、よく使われるのが一番右のダンパーペダルと呼ばれるペダルです。

ダンパーペダルを踏むと、鍵盤から指を離してもその音は伸びたまま持続させることができます。

ですから音と音が途切れずに滑らかなメロディーを演奏することができます。

そして次によく使われるのが一番左のシフトペダルです。

シフトペダルは弱音ペダルとも呼ばれ、音量を小さくしたり音質や音色を変える効果があります。

このようにペダルをうまく使うことができればピアノの演奏は上達します。

2.子供がピアノのペダルを使う時の注意点

ではお子さんがペダルを使うときに注意しなければならない点をお伝えします。

1.補助ペダルを使う

身長の低いお子さんでペダルに足が届かない場合は、補助ペダルを使用してください。

ペダルを踏むとき、かかとを地面につけて足の指の付け根のあたりでペダルを踏みます。

そのため、かかとがしっかりと地面についておくためには適正な高さの補助台が必要になります。

補助ペダルは補助台とペダルが一体化していますのでこれを使うと良いでしょう。

2.踏むタイミング

ペダルを踏むタイミングはとても難しいです。




ダンパーペダルの踏むタイミングは、伸ばしたい音を鍵盤で弾いた後に踏みます。

まず1音で練習してみると良いでしょう。

ドを弾いてからペダルを踏み、そして指を鍵盤から離します。

そうするとドの音がそのまま伸びて持続しているのが確認できると思います。

では次に音と音をつなげる練習をしてみましょう。

ドとレをペダルを踏み替えてつなげて弾く練習です。

まずドを弾いてペダルを踏みます。

そしてペダルは踏んだままスラーでレを弾いてください。

レを弾いたすぐ後にペダルを踏み替えてください。

これでドとレを途切れずにつなげて弾くことができたと思います。

3.音を聴く

踏むタイミングを覚えたら、音が綺麗に聴こえているかどうか自分で確認します。

ペダルを踏み替えた時、その前に弾いていた音が重なっていると音が濁ってしまい綺麗に聴こえません。

自分の耳で、音が濁っていないかを確認することは子供には非常に難しいことです。

お子さんがペダルを使い始めてしばらくは、親御さんが音を聴いてあげて濁っていないかどうかを確認してあげてください。

それを繰り返すことで、濁っている音、濁っていない音をお子さんが自分で理解し、自分の耳で判断できるようになるでしょう。

子供がピアノのペダルを使うのは難しいことです。

しかしペダルをうまく使うことができたら演奏が上達します。

ペダルをうまく使えるように親御さんも一緒に協力しながら練習しましょう。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ