幼児向けのピアノの練習曲

幼児のお子さんがピアノを学習するとき、言葉で説明して理解させるのは難しいと思います。

そこで幼児のお子さんでもわかりやすいピアノの練習曲をお伝えします。

1.音楽の楽しさを知る

幼児のお子さんがピアノを始める前にはまずは音楽は楽しいということを知っておくと始めやすいです。

それは難しいことではなく、例えばお母さんと一緒に歌を歌う、幼児向け番組を一緒に見て音楽に合わせて手を叩く、体を動かす。

そういったことは日常の生活で体験していることです。

歌うことって楽しいね、音楽に合わせて体を動かすのは楽しいね、とお母さんが声をかけてあげることによってお子さんも音楽って楽しいなと思うようになり、興味を持ち始めるでしょう。

おもちゃのピアノをお家に置いておくのもいいですね。

音楽に興味を持ち始めたら是非ピアノを習わせてあげてください。

音楽は楽しいと感じているとピアノは上達します。

そこで、幼児さんが無理なく楽しくピアノを弾けるような練習曲を次に紹介します。

2.幼児のお子さんに使われるピアノの練習曲

幼児のお子さんはまだ文字が読めなかったり、言葉で説明しても理解することが難しいので幼児向けのテキストで楽しくわかりやすくピアノを練習していきましょう。

幼児向けの練習曲はたくさん出版されていますが、今回は昔からあるものそしてそれに代わるテキストをお伝えします。




1.バイエル

バイエルは昔から使われている練習曲で、ピアノ経験のない人でも聞いたことのある有名な本の名前です。

昔は赤バイエル、黄バイエルと呼ばれ上と下に分かれていましたが今は、幼児のお子さんでも親しみやすいようにとても可愛いイラストつきで出版されているテキストもあります。

バイエルは、右手がメロディー左手が伴奏というパターンなのでわかりやすいです。

しかしハ長調ばかりで他の調を経験することが少ないので、ハ長調以外の調が出てくると弾きにくく感じてしまいます。

2.ぴあのどりーむ

ぴあのどりーむはバイエルの代わりに幼児さんでよく使われている練習曲です。

このテキストの特色はイラストがとても綺麗なことです。

曲に合ったイラストがついているのでその曲のイメージを持って弾くことができます。

このテキストは比較的簡単で小さいお子さんでも無理なく進めることができます。

そしてぴあのどりーむは1巻から6巻までありますが幼児版が別に出版されていますので幼児さんにはこれがお勧めです。

バイエルとの違いは、テキストの最初から大譜表(ト音記号、ヘ音記号)で書かれていて、右手も左手も真ん中のドから音が増えていきます。

ですから無理なくヘ音記号の読み方も覚えることができます。

このように、幼児向けの練習曲にはそれぞれ特色があるのでお子さんに合った練習曲を選びピアノを上達させて欲しいと思います。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ