ピアノを始めたばかりの幼児が気をつけたい指のこと

ピアノを始めたばかりの幼児は、力が足りず、無理矢理ピアノを弾いてしまいがちですよね。

しかし正しい弾き方を身につけられるよう、「ピアノを始めたばかりの幼児が気をつけたい指のこと」をお教えしたいと思います。


1.ピアノ

まだ小さい幼児の頃(満1才~小学校入学まで)にピアノを習い始める子供はたくさんいますが、使う楽器は大人も子供も、女性も男性も同じ、あの大きい楽器です。

ちなみに同じく人気の楽器ヴァイオリンですと、幼児は16分の1の大きさのものから使い始めるそうです。

大人の男性と同じものを幼児も練習するなんて、ピアノくらいではないでしょうか?

そう考えると、幼児には体の大きさや指の力の面でとても酷ですよね。

しかしながらピアノに対して文句を言っても仕方が無いですので、無理して間違った弾き方にならないよう、幼児の頃から丁寧に練習していく必要があります。


2.幼児の傾向

幼児は指に力がないので、傾向としては、力ずくで鍵盤を押していたり、鍵盤よりかなり上から叩いていたり、また、音を一つずつ離して短く弾いている場合が多いです。

これらの弾き方では、音の少ない初心者の曲のうちは何とかなっても、少し進んでいくと、もう指が追いつかなくなってしまったり、腕が疲れてしまったり、上達にはほど遠くなってしまいます。




そうならないためにも、しっかりと正しい弾き方を理解して練習できるよう、次は練習で気をつけたいことの説明をしていこうと思います。


3.練習で気をつけたいこと

気をつけたいことはいくつかありますが、あまりたくさんあっても、すぐに全部できるわけではありませんので、厳選した二つを紹介します。

まず一つ目は、手のフォームをしっかり作ることです。

正しい手のフォームは、横から見ると山の形になっており、指の第三関節が一番高く、手のひらの中に卵やボールが入るよう、丸くします。

この形から、指を上下させてピアノを弾いていきます。

しっかりしたフォームを作ることによって、押さえつけたり上から叩いていた弾き方が、だんだん直っていくはずです。

二つ目に気をつけたいことは、音をつなげる、レガートの練習をすることです。

スタッカートが付いている音以外は、たいていつなげて弾く、と思っていてください。

そのつなげる弾き方ですが、1音弾いては、次の音を弾く直後まで離さないように、長めに弾くことを心がけてみてください。

音を一つずつ離すのではなく、つなげて弾けるようになると、歌のようになめらかな音楽を奏でることができます。

これらのことに気をつけながら練習していけば、上達に近づけるはずです。

幼児の頃の、最初が肝心ですので、頑張ってください。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ