ピアノを弾く子供の為の指の練習で気を付ける事とは?

ピアノを始めたばかりの子供の手や指はとても弱いです。

そこでピアノを弾く子供の為の指の練習について書いていきたいと思います。


1.ピアノを弾く子供の指の練習で重視すること

ピアノを弾く子供の指の練習は、色々ありますが、重視することは、指や手、腕を痛めないような無理な練習をしないことです。

昔はムリな練習も普通に行われていて、指や手、腕を痛めてピアノが弾けなくなったという話も良く聞きましたが、今では、そのころとはピアノ奏法や練習そのものの考え方も変わってきているように思います。

正しいフォームで指がしっかりしてくる頃までじっくりピアノと向き合っていきましょう!


1.正しいピアノを弾くフォームとは?

ピアノを習っているお子さんならピアノを弾くときのフォームは、ピアノを弾くときに一番大事なことと言えます。

ピアニストなどオーバーアクションをしているのを見て真似をさせたい!という親御さんもたまにいるのですが、基本フォームを守れた上でのオーバーアクションなので、それだけを真似させるのはオススメできません。

基本のフォームは効率よく指や腕を動かせるフォームのことです。

無駄な動きが沢山あると、ミスタッチを誘発してしまいますし、それこそ指や手、腕を痛めてしまうこともあるので、自然なピアノを弾くフォームを是非ともマスターしてほしいです!




ところで親御さんがピアノを習っていた時はピアノの先生からフォームについて何か言われたことはないですか?

よくあるのは、卵を掴んだような手の形です。

実は今では卵を掴んだような手の形はあまりしません。

卵を掴んだ手の形だとどうしてもハイフィンガー奏法になってしまうのです。

現在多くのピアノ教室で指導されているのは脱力奏法、重力奏法と言われる、手に負担がかかりにくい奏法です。

脱力奏法にすることで、指を痛めたりすることが少なくなります。


2.指の練習と言えばハノン?

昔は指の練習=ハノンというのが普通でしたが、ハイフィンガー奏法を使わなくなった現在では、ハノンの使用を否定する指導者もいます。

また今ではリトルピシュナという本を支持している先生方も多いですね。

どちらも正直使い方次第だと思います。

正しいフォームで正しく弾かなければ指の練習というものはどうしても効果が薄くなってしまいます。


2.ピアノを弾く子供の指の練習は指導者と相談するのが大事

ここまでピアノを弾く子供の為の指の練習について書いてきましたがいかがでしたでしょうか?

指の練習方法については、やはりお子さんの指導者が一番状況を良く知っていると思いますので、是非気軽に指の練習について疑問をぶつけてみてください。

指の練習曲にこだわらずとも良い方法を提案してくれるかもしれませんよ!







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ