小学生に役立つピアノの練習法

小学生でピアノを習っている子は多いですが、自分から練習する子は滅多にいないと思います。

うちの子に練習してほしい!と思っている親御さんのために、「小学生に役立つピアノの練習法」をお届けしたいと思います。


1.歌いながら

小学生の場合、勉強と同じですが、「練習」と思わせると嫌になってしまいます。

そこで、ただ弾くだけではなく、始めにその曲を歌ってからピアノを弾くという練習法を試してみてください。

それも明るい音楽であれば楽しそうに歌い、悲しい音楽であれば悲しそうに、小学生なりに感情を込めて歌うようにすると、表現力がつきます。

時間があるときは、親御さんも一緒に歌ってみると、楽しい時間となるはずです。

そして歌だけで終わってしまうと肝心なピアノが上達しないので、必ずピアノも弾きます。

弾けるようになってきたら、歌いながら弾く、弾き歌いができるとなお良いでしょう。

音楽の基本は歌です。

毎日の練習に歌を取り入れてみてはいかがでしょうか?


2.音源を聞かせる

次に、CDや、なければユーチューブなどでもいいですが、音源を聞かせるという練習法です。

ただピアノの楽譜を読んで弾くだけですと、楽譜を読むのが苦手な小学生は嫌なはずです。

そこへ、まず弾く前に音源を聞かせてあげることによって、曲をイメージして弾けますし、耳を育てることもできます。




親御さんがピアノを弾ける場合は、弾いて間近で聞かせてあげるのも良いでしょう。

ピアノを通して音楽で、見て、聞いて、感じて、表現していける力がつくといいですね。


3.ゆっくり弾く

次に実際にピアノを弾く練習ですが、ゆっくり弾く練習法が一番効果的だと思います。

ピアノの曲は両手で違う音を弾いたり、他のヴァイオリンなどの楽器よりも音が多く、小学生には弾くのが大変な楽器です。

そのたくさんの両手の音を、無意識で動かしていても上達しません。

1音1音大切に弾いてほしいので、ゆっくり丁寧に、こう弾きたい、と意識しながら練習をしていきましょう。

例えば、最初はフォルテで、2ページ目の1小節目からピアノになる曲を練習していたとします。

それを分かっていても、2ページ目の2小節目からピアノにするのはそう難しくありませんが、1小節目からやっていないと意味がありません。

1ページ目が終わって、2ページ目の1小節目に入る前にはピアノで弾く準備に入っていなければなりません。

このようなときに、ゆっくり練習していれば、忘れることなく準備ができます。

ゆっくり弾けるようになれば、速く弾くのもすぐにできるようになります。

これらの小学生に役立つピアノの練習法を試して、楽しくピアノを練習できる子になるといいですね。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ