子供がピアノの練習しないときはどうすればよい?

子供がピアノを練習しないとお悩みの親御さんは多いです。

子供にピアノを練習させる工夫をかいてみました。


1.ピアノは好きじゃないと続かない

ピアノって、生活するのに必要かときかれれば必要ではないです。

どちらかというと、心のゆとりを持たせるような習い事だと思いませんか?

音楽というのは好きじゃないとなかなか続けることが出来ません。

それでもピアノを習わせたいという親御さんはとても多いです。

ではどのような工夫をすれば、子供がピアノの練習をしないことを解決できるでしょうか。


1. ピアノの練習で一番大変なのは譜読み

ピアノのレッスンに通っていると「この曲弾いてきてね!」と毎回宿題が出ます。

ピアノの練習で一番ハードルが高いところは恐らく譜読みだと思います。

ピアノのレッスンでも譜読みが出来るようになるまで時間がかかるお子さんが大変多いです。

知らない曲を1から音を解読してピアノの鍵盤上で指が動くようにする作業なのですから大変で当たり前なのです。

そしてこの譜読みが長引いてしまうと、本当に楽しくないんですね。

そこでオススメなのが、一つの曲を短く区切って今日はここからここまでと決めて譜読みする方法です。




1回の練習する部分が短くなることで、集中力も続きますし、少しでも毎日進めていくことで小さな達成感を味わうこともできます。

ピアノでも勉強でもそうですがいきなり大きなハードルよりも沢山の小さなハードルを越える方が知らない間に達成できたということが多いです。

小さいお子さんの場合は、親御さんが一緒に譜読みのお手伝いをしてあげるとよいかもしれませんね。

譜読みが出来てしまえば、そのあとはとんとん拍子で弾けてしまう場合が多いので、是非譜読みの大変さを親御さんもわかってあげてほしいです。

2.出来たら褒める!

出来なくても頭ごなしに叱らず、出来たときは大げさに褒めちぎりましょう。

褒められると子供は嬉しくてまた練習しよう!と思うことが多いみたいです。

上手にできたから褒めるというより、練習に頑張って取り組んだというところを褒めてあげてくださいね。


2. 子供にピアノの練習を気持ちよく取り組んでもらう

子供が練習しないときの工夫について書いてきましたがいかがでしたでしょうか?

大人でもそうですが、毎日気持ちよく仕事や家事が出来れば嬉しいですよね。

それはきっと子供も同じです。

ピアノの練習に気持ちよく取り組んでもらうにはどうすればいいか、一度、自分のことを思い返して考えてみるもの良いと思いますよ!







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ