子供がピアノのレッスンを辞めたいと言ってきたらどうすべき?

子供がピアノのレッスンを辞めたいと言ってきたら親としてどうしますか?

子供が辞めたいというのだから仕方がないと思うか、いやいやまだ、辞めるのは早い、何か打開策があるはず・・・と思うかどちらでしょう。

今回は「子供がピアノのレッスンを辞めたいと言ってきたらどうすべき?」という事についてお話します。

1.子供がピアノを辞めたいと言ってきた時の対処

子供がピアノを辞めたいと言ってきた時に取る方法3通りについてお話します。

「子供がピアノを辞めたいと言ってきたら」の問いに、「こうすべきです」という答えを決めることは出来ません。

それは、その子供により、またその時の状況により違ってくるからです。

子供が、ピアノを辞めたいと言ってきた時の対処には3通りあると思いますので、どれが当てはまるかを考えてみて下さい。

1.そのまま頑張ってピアノを続ける場合

子供がピアノを辞めたいと言ってきても、そのままピアノを続けられる場合についてです。

子供が本当にピアノを辞めたいと思っているのでなく、ピアノを習っていて子供の思うようにいかないことがあったりして、一時的に「ピアノを辞めたい」と言ってきているに過ぎない場合です。

例えば、ピアノの曲が難しくて上手く弾けない、ピアノの練習があるせいで、ゲームや遊びなど自分の好きな事が存分に出来ないなどのように、子供の思うように出来ないことの原因がピアノにあることで、子供はピアノを辞めたいと思ってしまったりします。

この場合は、その原因を探して、解決することで、そのままピアノを続けられる可能性は充分あります。

ピアノの曲が難しかったら、一人ではしんどくて嫌になってしまう練習を親が少し見てやったりして練習をサポートしてやる、また、好きなことが出来ないのなら、ピアノの練習と遊びについてバランスを子供と一緒に考えて決めるとか、親子で考えてみて下さい。

少しの親の頑張りや、親子の話し合いで、子供も今までのようにピアノを続けることが出来るでしょう。

2.いったん様子を見る場合

今まで通りではなく、少しピアノのレッスンを休む、レッスンの仕方や練習の仕方を変えるなど、いったん様子を見るというような対処の仕方です。

先ほどと同じように、思うようにいかないことの原因にピアノがある場合と根本的には同じなのですが、子供のピアノを辞めたい思いが、もう少し根が深いと思われる場合です。

ピアノの練習が本当にしんどくなり辛くなっているとか、ピアノの練習があるせいで、子供のやりたいことが制限されてそれが子供にとって我慢できなくなっているなどです。

この場合は、子供としても気持ちは「ピアノは嫌いではないけれど、辞めたい」「あまり、ピアノ好きではなくなった」のように思ってしまっているので、そのままピアノを続けることは難しいと思います。




ですから、対処の方法としては、いったんピアノを休ませる、または、ピアノの先生に相談するなどして、レッスン内容を楽にしてもらうとか、ピアノのレッスンを隔週にしてもらうなどして、レッスンが子供に合うようにしてもらって、様子を見るようにしたら良いと思います。

そうすることで、ピアノは辞めずに続けられ、そして子供の「ピアノを辞めたい」いう気持ちもおさまって落ち着いていくと思います。

3.辞めさせる場合

「ピアノを辞める」という場合についてです。

この場合は、ピアノを練習するのも辛いし、ピアノを弾いていても楽しくないばかりか、ピアノを弾く事が嫌だと思ってしまうなどのように、以前はピアノが楽しかったとしても、今は楽しくなくなって、嫌になっている・・・というような場合です。

例えば、ピアノの先生とうまくいっていない、ピアノを弾く事で何か失敗をしてしまった、など原因は他にもいろいろあると思いますが、ピアノを弾くのが辛くなってしまった場合です。

また、ピアノが嫌になっているのではなくても、ピアノよりほかに明確に目的をもってやりたい事がある場合もピアノを辞めるという結果になります。

2.答えを決めてしまわない

「ピアノのレッスンを辞めたい」と子供が言ってきたときの答えをすぐに出そうとしないことです。

子供が「ピアノを辞めたい」と言い出したら、親は、「ピアノを習い続けてだいぶん弾けるようになったのに」「自分も大変なのに一生懸命、子供がピアノを習い続けられるように、レッスンについていったり、ピアノの練習を見たりと頑張ったのに」と、割り切れないような気持ちになってしまいます。

何とか続けさせようと子供を説得し、時には「ここで辞めたら今まで頑張ってきたことが無駄」のように思って必死になってピアノを辞めないように子供を叱ってしまうかもしれません。

でも、ピアノのレッスンを辞めてしまうことで、今まで頑張ったことが無駄になるようなことはなく、ピアノは、弾きたいと思った時にいつでもまた習えるものです。

ピアノは、人と競争して練習するものでないし、小さい時にレッスンしていなければならないこともありません。

子供が無理やりでなく、自ら楽しくピアノを弾いていることが良いことですので、ピアノを辞めてしまっても、しばらく経ってから、楽しかったピアノを思い出せたならその方が、無理矢理ピアノを続けているより良い結果になります。

子供のことを一番よく分かっているのは、ピアノの先生より親ですので、「ピアノを辞めたい」と子供が言ってきたら、子供とよく話し合って、その子供に一番良いように柔軟に考えたらよいと思います。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ