子供のピアノの指導法

ピアノを子供に教えることは、大人に指導する方法とは全く違います。

大人は言葉で説明しても理解できますが、子供はそういうわけにはいきません。

そこでピアノを子供に指導する時の注意点や指導法をお伝えします。

1.音楽の楽しさを伝える

子供にピアノを指導するにあたって、まず音楽の楽しさを伝えなければいけません。

音楽に合わせてリズムを叩いてみたり、体を動かしてみる。

CDや指導者の演奏を聴いて、この曲はどんな感じの曲なのか想像してみる。

先生と連弾してアンサンブル感を味わう。

など、指導者が工夫して音楽の楽しさを伝えてあげて欲しいです。

音楽を楽しめるようになればピアノも上達します。

2.子供のピアノの指導法

言葉もまだ未熟な小さいお子さんの指導はとても難しいと思います。

言葉で説明しても理解できないことがありますので、幼児の頃は音楽を感覚的に捉えた方が良いと思います。

では子供の指導法について説明していきます。

1.聴く

まだ楽譜を読むことに慣れていない子供には、どんな曲なのか先に指導者が弾いて聴かせてあげてください。

指導者の演奏を聴くことも大事なことです。

演奏を聴き、その曲がどんな曲なのかを想像させてあげてください。

明るい、元気、優しい、綺麗、寂しい、など想像してもらって感性を育んでいきましょう。

2.歌う

どんな曲か分かったら次はドレミで歌います。




この時、音符を読めるお子さんは楽譜を見ながら歌わせます。

まだ音符を読めない小さいお子さんは指導者が先にドレミで歌ってあげて真似して歌うようにしてあげてください。

ドレミで真似して歌うことができたら楽譜を見て音符を確認しながら歌わせましょう。

歌う時は、テンポはなるべくそのままのテンポで。

スラー、スタッカート、強弱記号などのアーティキレーションはしっかり守る。

完成形の演奏通りに歌うようにしましょう。

3.歌ったように弾く

ドレミで、アーティキレーションも守って歌えるようになったら弾いてみます。

弾く時は、歌ったように弾くように促してあげてください。

そのためには歌いながら弾くのが良いでしょう。

歌いながら弾けるようになったら、今度は心の中で歌いながら弾かせましょう。

このような順番で指導されるといいと思います。

しかし子供によって得意なところと不得意なところがありますので、その都度指導の順番を変えるといいと思います。
 
音符を読めるようになってほしい時は、歌う前に自分で音符を読んでいく。

音符は読めるが想像力がない子には、指導者の演奏を聴いて想像させる。

アーティキレーションを覚えてほしかったら先にそこをチェックする。

というように子供1人1人の目標によって指導法を変えてください。

子供を指導する時は、まず音楽を楽しんでもらえるよう心がけ、その子にあった指導法でピアノを上達させましょう。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ