ピアノを子供に習わせるメリット・デメリット

ピアノを子供に習わせた場合、どのようなメリットがあるでしょうか。逆にデメリットには何があるのでしょうか。

「ピアノを子供に習わせるメリット・デメリット」について考えてみたいと思います。


1.メリット

ピアノを子供に習わせるメリットは多岐にわたります。


1.脳の発達

ピアノは両手の指を細かく動かしますので、右脳、左脳共に刺激が与えられ、それぞれの機能の発達に大きな影響を与えます。

左脳は読み、書き、話す、計算などの言語、文字の認識や、算数・数理的推理、理論的思考などを担当していますので、右手の指を動かすことで左脳を刺激し、言語能力や理論的思考能力が発達を助けることになります。

右脳は図形や映像の認識、イメージの記憶、直感・ひらめきなどを司っていますので、左手の指を動かすことは、感性や想像力、新しいものをつくる創造力の成長を助けます。

また、左右同時に別々のことをしながら一つの曲を表現するためか、右脳と左脳をつなぐ脳粱も発達することがわかっています。


2.絶対音感

6歳までに訓練すると絶対音感が身に付くと言われています。

それ以降には絶対音感を獲得することが困難になります。

また、絶対音感は獲得できなくても、聴覚が刺激しますので、音に対する感性が敏感になり、将来的に外国語のヒアリングと発音に大きな助けとなります。





3.精神的な成長

先生に教えを請う立場ですので、多少なりとも礼儀をわきまえるようになります。

発表会に出るとなると、それが目標になり、暗譜したり、弾けないところを一生懸命練習したり、一つ一つのステップをクリアして、最終的にやり遂げたという達成感を得ることで、精神的にも成長するし、
やればできるという自信を持つことができるようになります。


2.デメリット

子供の将来のための投資と考えれば、初期費用や月謝などはデメリットにはなりませんが、ピアノを買っても子供が続けてくれる保証はありませんので、無駄になるリスクはあります。

子供がピアノをやめたくなる理由はいくつもあります。

練習よりも友達と遊んだ方が楽しいから、先生が嫌いだから、なかなか弾けるようになれなくて練習が辛いから、他にやってみたいことができたから。。

ピアノを準備したり、教室や先生を選んだりというような、ピアノを習わせる前の準備だけでなく、子供にピアノを続けてもらうためにはアフターケアも必要になってきます。

その他のデメリットは特に思い当たりませんので、この点だけをしっかり検討しておけば、ピアノは子供にとってよき友となってくれることでしょう。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ