子供のピアノの進み具合の目安

子供の習い事として常に人気のピアノですが、うちの子のレベルはどのくらいなのか、周りの子に遅れを取っていないか、と気になりますよね。

今回は、幼稚園から始めた場合と、小学校から始めた場合に分けて、子供のピアノの進み具合の目安をお教えしたいと思います。


1.幼稚園から始めた場合

半分以上の子供が幼稚園のときにピアノを始めます。

年少、年中、年長のいつから始めたかによって進み具合は違ってきますが、習い始めてから最初の1年以内で教本1冊目が終わっていれば比較的早く、1年以上かかっていれば平均的、と言えるでしょう。

と言っても、選んだ教材によっては多少目安が前後します。

特に「バイエル」上下を使っている方は、1冊が分厚いため、この目安には当てはまりません。

「バイエル」上巻で2年以内であれば早い方でしょう。

「バイエル」ですと2巻、「ぴあのどりーむ」や「ぴあのひけるよ!」シリーズですと6巻、「オルガン・ピアノの本」シリーズですと4巻でひとくくりとなっていますが、これらを終える目安は早くて3年以内、4~5年ですと平均的、それ以上ですとゆっくりペースといったところでしょうか。

そしてこれらが一通り終わった後は、ブルグミュラー、ソナチネ、ソナタと進んで行く場合が多いですが、ブルグミュラーが1年半以内、ソナチネが1年以内で終えられて次に進めた場合、お子さんは優秀だと言えるでしょう。




(ソナタは大人になってからもずっと弾いていくものなので、終わりはありません。)


2.小学校から始めた場合

小学校からピアノを始める子供もたくさんいらっしゃいますが、決して遅くはありません。

小学生になるとだいぶ先生の話を聞けるようになり、理解力も高いため、幼稚園から始めた子よりもだいぶ早く上達できるでしょう。

進み具合の目安としては、先述した初期のひとくくりの教材を2年以内ですと早く、3~4年が平均的、それ以上ですとゆったりペースといったところでしょうか。

その後のブルグミュラーからの教材は、目安はあまり変わりません。


3.参考程度に

今回お話しした子供の進み具合ですが、あくまでも目安、参考程度にしておいてください。

急いでやって早ければ良いものでもありませんし、先生の進め方によっても違いが出てきます。

100パーセント弾けるようになるまで次の曲へは進ませない先生ですと、時間がかかりますが確実に上達しますし、その逆で弾けていなくてもレッスンで1回弾けば合格、といったやり方の先生ですと、すぐに終わりますが上達したかと聞かれると「?」です。

そして先生だけでなく、あなたのお子さんがきっちりやる性格なのかにもよります。

先生はそれぞれ子供に合わせたペースを考えてくださっていると思います。

機会があれば先生と相談してみて、子供が楽しくピアノを続けられるよう、お母さんお父さんも一緒に考えてみてくださいね。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ