子供の習い事にピアノが良い理由

最近になって子供の習い事はピアノが良いということを聞いたことがあるのではないでしょうか。

ピアノを習うことはピアノが上達するだけでなく他にも身につくことがたくさんあります。

子供の習い事でピアノが良いと言われている理由をお伝えしたいと思います。

1.ピアノと他の習い事との違い

ピアノを習う事は、他の習い事とは少し違います。

それは、ピアノは毎日の練習が必要だからです。

毎日練習した成果をレッスンでみてもらうことになります。

もし練習せずにレッスンに行ったら、前回と同じことを繰り返しなかなか先に進むことができません。

他の習い事はどうでしょうか。

スポーツなどで熱心に毎日練習している子ももちろんいるでしょう。

しかし、スイミングや書道といったものは基本的に毎日練習することはありません。

ピアノを習うということは親御さんのサポートが絶対に必要で、毎日練習するように声をかけてあげなければなりません。

とても大変なように思いますが、ピアノは習い事の中でとても良いと言われています。

どういった理由でピアノが良いと言われているのか次の項目でお伝えします。
 

2.子供の習い事はピアノが良い理由

ピアノは他の習い事より良いと言われている理由を詳しくお伝えします。

1.ピアノを弾くことは脳に良い

テレビに出られている脳科学の先生がピアノは脳に良いと言われています。




どういった点が脳に良いのでしょうか。

まず両手が別々の動きをすることです。

右手はメロディーを弾き、左手は伴奏を弾くという別々の役割をしています。

このことは脳機能を高めると言われています。

そして楽譜を見て曲を弾くとき、楽譜は今弾いている箇所より先を読んでいます。

ということは見た音符を素早く記憶させて指に伝え、目線は次の音符を読んでいますので記憶力がアップします。

2.集中力と忍耐力

ピアノを練習することは忍耐力が必要です。

練習する中で、どうしても弾けない箇所があるとします。

そこを弾けるようにするには、何度も根気よく繰り返し練習しなければいけません。

そういった点で忍耐力が身につきます。

そして譜面を読んだり、弾けるように一生懸命練習することは集中力が身につきます。

3.想像力と表現力

ピアノを演奏する上でその曲がどんな曲なのか、自分なりに想像しながら弾きます。

クラシックの曲は、その時代背景や作曲者を学習しそれを想像して自分の演奏として表現します。

想像力を養うことは、様々な場面で予想し考えて行動できることができます。

表現する力があれば自分の意見を相手に正確に伝えることができます。

このようにピアノを習うことはピアノが上達する以外に、脳に良い影響を与え、たくさんの力が身につきます。

お子さんの習い事を選ぶのに迷われている人はこのことを参考にしてみてください。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ