子供のピアノ教室の種類と特徴

子供の習い事として特に人気のピアノですが、人気ゆえに、様々な教室が存在します。

そこでどんなピアノ教室を選べば良いのか、その特徴をお話しますので、少しでも参考になれば幸いです。


1.大手か個人か

まずピアノ教室を大きく分けると、ヤマハ、カワイなどの大手音楽教室か、個人経営のピアノの先生宅などでの教室かを選んでいきます。

どちらが特別良いというわけではないので、立地的に通いやすい、お友達が通っている、など理由がなければなかなか決められませんよね。

まず大手ですが、駅前を中心に、各都市にたくさん教室がありますので、当然、生徒数も多いです。

そのため発表会も大勢で行われることが多いです。

個人経営教室ですと、そこが人気か不人気かにもよりますが、先生一人でやられている場合が多く、生徒がみんな近所の知り合いの子供、ということもよくありそうです。

大手の先生は雇われですので、タイミングによっては気に入った先生がすぐに辞められることもあるかもしれませんが、次の先生がすぐに入って来られるのも大手の特徴でしょう。

その点個人経営の先生は、よほどのことがない限り、辞められることは少ないでしょう。

先生も、家でピアノ教室を開く決意をされたのだから、1、2年でお引っ越し…なんてことはないはずですからね。


2.グループレッスンか個人レッスンか

次に、大手の場合のグループレッスンと個人レッスンの特徴ですが、グループレッスンは、名前のとおり、大人数のグループでのレッスンのため、学校と似ていて、色んなレベルの子供と一緒にレッスンをします。




個人レッスンですと、マンツーマンですので、先生がその子供に合ったペースでレッスンしてくれます。

真剣にピアノを習いたいのであれば個人レッスンのほうが上達は早いかもしれません。

上達よりも楽しさだ、と考えている子供や、大人数が好きな子供、お友達と一緒に習いたい子供などはグループレッスンが良いかもしれませんが、発表会などもグループのため、うちの子を目立たせたい!などとお考えのお母さんには、おすすめできません。


3.そもそも行った方が良いか

そもそも、お母さんがかなり真剣にピアノを習っていた場合などは、ピアノ教室にわざわざ通わなくても良いのではないか?と思われるかもしれませんが、やはり私は、家ではなく、外で習うことをおすすめします。

家でのペースでなく、他人である先生にしっかりみてもらうこと、そして教室に習いに行くこと自体が勉強でもあると思います。

以上で大手音楽教室、個人経営教室、グループレッスン、個人レッスンの特徴のお話は終わりですが、結局一番大切なのは、子供に良い先生に巡り会えるかどうかです。

先生との出会いは、お見合いみたいなものだと思っています。

周りから評判でも、自分にはそう思えなければ無理して習うことはありませんし、人気がない教室でも、自分に合っていれば続ければ良いのです。

素敵な教室、先生に巡り会えると良いですね。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ