子供の習い事はピアノがオススメその訳は脳に良いから!

子供の習い事としてピアノは今とっても注目を浴びています。

どうして子供の習い事としてピアノが良いのか書いていきたいと思います。


1.子供の習い事はピアノが脳によいのはどうして?

そもそも何故子供の習い事はピアノがよいと言われ始めたのでしょうか?

皆さんは「ホンマでっかTV」という番組をご存知ですか?

私も良く見ています。

その番組の中で脳科学者の沢口俊之先生が「習い事をさせるならピアノが良い」と言われたのが始まりかも知れません。




テレビの中で発言されたことで、子供を持つママの間でも話題になったのを覚えています。

そこで脳に良い効果を調べてみました。


1.ピアノの習い事が脳に良い訳

ピアノの習い事が良い訳は、ピアノが弾けるようになるだけでなく、HQ(人間性知能)が向上するからだそうです。

HQってあまり聞いたことないかもしれませんが、IQなら聞いたことあるかもしれませんね。
IQというのは一般的知能のことで、HQというのは人間的知能のことなんですね。

そのHQは夢を叶えるために努力して成功し、幸せな人生をおくるために高い方が良いといわれているそうです。

ピアノは、両手を使う楽器で、楽譜を記憶しながら演奏し、目は次弾く楽譜をどんどん読んでいく。

しかも右手も左手もそれぞれ違う動きをします。

これはほかの習い事にはない高度な行為だそうです。

また、ピアノを習い続ける事により、脳の構造も変えてしまうそうです。

脳の監督役の前頭前野が発達し、長期的HQを発達させたり、左右の脳のバランスがよくなったりするそうです。

更に小脳が大きくなることで運動機能、知能機能、感情的機能が発達し、海馬も発達するので記憶力がアップ・・・といいことづくめなんです。

そういえば、音大に通っていた頃、京都大学を卒業後音大に入った方とお医者さんをやっていて病院を定年退職後音大で学んでいるという方が同期にいました。

その方たち、本当にきさくな方で誰にでも好かれる方でした。

内心「凄いな~」と思ったものです。

なんだかその方の頭が良い理由や人柄の良さの訳が分かった気がします。


2.脳に良い!子供のピアノの習い事はいつ頃始めるのがベスト?

脳に良いとされているピアノの習い事はいつ頃始めるのが良いのかというと、HQを高めるという点で考えると5~8歳が効果的だそうです。

週1回40分程度のレッスンでよいそうです。

ピアノの効果は4か月くらいで現れるといわれており、脳構造を変えるまでには2年ぐらい必要だそうです。

大人でも子供ほどではないですが、効果はのぞめるそうですよ。


2.子供の習い事はピアノで決まり!

ここまでかいてきましたがいかがでしたか?

子供の習い事としていまだ人気があるのは、脳に良いだけではないと思いますが、マイナス面はあまり感じませんよね。

もしピアノを習わせることで脳に良い影響があるなら、是非楽しく継続させたいですよね。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ