ピアノの練習と右脳の関係

ピアノを弾く人は右脳が発達している、ということを耳にするこがありますが、そのことは、ピアノの練習や上達とどのように関係しているのでしょうか。

ここでは、そのことについて具体的に考えてみたいと思います。


1.ピアノと右脳の関係

指を動かすことは、脳を活性化するということは良く知られていることです。

指を使う細かな作業なら、どんなことでもよいのですが、手芸、編み物、工作などを脳の病気で手の動きが不自由になった人のリハビリや、お年寄りの認知症予防に用いると効果があります。

もちろん、ピアノもそのような目的で使用されることがあります。

なぜ効果があるのかというと、指と脳はつながっていて、指を動かすことが脳に刺激を与えることになるからです。


1.ピアノの練習と右脳

では、ピアノを弾く人はどうして右脳が発達するのでしょうか。

手芸などのように、指先を動かすことには変わりはないのですが、ピアノの練習をする時には、眼で見た楽譜を指で弾き、耳で音を確かめるという、なかなか高度な作業を繰り返すことになります。ここが、他の作業とは違う点です。

右脳には、感情や芸術に関する分野を処理する役割があると言われています。




ピアノを弾くことは音に関する芸術ですので、右脳がピアノの練習と共に、自然に発達するようになるのです。


2.ピアノの上達と右脳の発達

ピアノの練習を重ねていくと、指がかなり動くようになり、それと共に右脳も発達していくことになります。
右脳が発達してくると、ピアノに対する感性が鋭くなってきますので、演奏に関しての感情表現なども上手になってきます。

ピアノの上達と右脳の発達は互いに影響しあって、良い演奏につながっていきます。

また、右脳が発達することは、先を予測する能力もあると言われていますので、ピアノを演奏する際に、曲の先を考えながら弾くことが得意となってきますし、普段の生活のなかでも、先を読む能力が鋭くなり、とても便利でしょう。

ピアノが弾ける人は、頭が良いと一般的に言われます。

特に、数学などの理系に強くなる傾向がありますが、それは、右脳が空間把握能力や、計算能力などにも関係しているからです。

また、ピアノと右脳の関係としては、感性がとても豊かになるので、感情表現が豊かになる傾向があります。

ピアノを練習することで、右脳を発達させ、ピアノの演奏も勉強能力も向上したら、人生がとても豊かになりますのでいいことですね。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ