ピアノの練習において録音が効果的な理由

ピアノの練習をしていて、もっと上手になりたいけれども何をしたら良いのか行き詰まっている時におすすめしたい練習のひとつに、録音をして聴く、という方法があります。

ピアノの上達にはなぜ録音が効果的なのでしょうか。


1. 自分の状態を知ることができる

まずは録音機を、または持っていなければスマートフォンにも録音機能が付いている場合が多いのでそれを使って、自分の演奏を録音して、勇気を出して聴いてみましょう。

どうでしたか?

思ったより綺麗に弾けていましたか?

それとも自分ではあんなに気持ちよく弾いていたのに、録音を聴いてみると、速すぎる、遅すぎる、なんだかぎこちない、テンポが定まらないなど、思っていたのと違いましたか?

これは、後者の方が多いでしょう。

普通は、客観的に聴いてみると、こんなはずじゃなかった、と思うことの方が多いです。

でもそれで良いのです。

録音は、今の自分の状態を知る、いわゆる受験前の模試みたいなものです。

上達への一歩だと思って、怖がらずに録音して聴いてみてください。

録音したらその後は、復習です。

自分の苦手な所、得意な所を知り、主に苦手な所を楽譜にメモしてみてください。

そして一旦通して1曲弾く練習はお休みして、上手くいかなかった部分を取り出して練習してみたり、テンポなどの全体に関わることであれば、メトロノームを使うなどしてその事だけに集中できるような練習をしてみてください。




そしてまた録音、復習、録音、復習を繰り返していけば、だんだん上達しているはずですよ。


2. プロの演奏と比べることができる

次に、自分の録音ばかりではなく、プロの録音も聴いて、聴き比べてみてください。

今の時代、色んなCDが発売されていますし、買わなくとも動画サイトにたくさんアップロードされていますよね。

子供用の教材の1曲1曲でさえすぐに探して聴くことができます。

同じ曲で複数人の録音が見つかった場合は、ぜひ聴き比べしてみると良いと思います。

それを自分の演奏の前後に聴くことで、自分の演奏と聴き比べをしてみてください。

プロの演奏と比べてみると、自分の演奏は一本調子になっていないか、または自分も弾けているけれど、プロが弾くとどうして、どこがかっこよいのか?など考えてみてください。

全体のテンポや、少しゆっくりさせている所、反対に少し速くなっている所、強弱はどのくらいつけているか、など、プロの演奏も様々ですが、気に入ったものを真似してみるのも良いかもしれません。

こちらも気づいたことを楽譜にメモをしながら聴いていくと良いですよ。

録音をすることはピアノの練習においてとても効果的です。

上達を目指して、ぜひ日々の練習に取り入れてみてください。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ