ピアノを弾くときのポジションとは?

ピアノをやっているとポジションと言うことをよく言われませんか?

今回はそのポジションについて書いていきたいと思います。


1.ピアノのポジションとは何のことを言っているのか?

ピアノの基本にあたるポジションといっても色々あります。

例えば、椅子の座り方や腕のポジションが大事ですし、鍵盤に指を置くポジションも大事ですよね。

正しいポジションで弾けば、余計な力を入れて弾かなくて済みますし、指や腕を痛めたりせず、長くピアノを続けることが出来ますよ!





1. ピアノを弾くときの椅子に座るポジションは?

良くピアノの背もたれにべたーーっと深く座っている方がいますが、ピアノを弾くときの椅子の良いポジションは、浅めに腰掛けることです。

深く腰掛けてしまうと、ペダルを踏むときに困りますし、身動きがとれませんよね。

また椅子の高さも大事です。一番弾きやすい負担のない高さを見つけましょう。


2.ピアノを弾くときの腕と指の形とポジションは?

指の形は私が習っていた昭和の頃はたまごをつかむ様な形でとよく言われていましたが、最近ではあまりこの教え方はしません。

負担のない方法としてオススメしたいのは小指を下にしてグーの形を作ります。

その手をままで鍵盤に置いてみます。

その形から指をばらしていくと、無理な形になりません。

その形の状態で指のポジションを説明します。

今では指の先で弾くというより指のへらに少しかかったところで鍵盤に斜めに当てるといえばわかりやすいでしょうか?

指の先で弾くと・・・あれ?と思った方もいるかも知れませんが、卵をつかむような形になってしまいますね。

もう一つ守ってほしいことは指の関節をへこませないことです。

これは昔からそうですね。

ピアノを習っていた時代によってこんなに弾き方って違うの?と驚かれたかもしれませんが、ピアノの弾き方もその時代時代で研究されて良い方法が採用されているようですよ。


2.ピアノを弾くときのポジションはテーラーメイドです

ピアノのポジションで、良いとされているポジションは確かにありますが、やはりテーラーメイドだということを覚えていてほしいと思います。

ピアノを弾いている人によって体格がまったく違うからです。

手の大きい人と小さい人ではやはりポジションは微妙に違ってしまいますし、違っていて当然なんですね。

ですので基本のポジションでやってみて、その中で自分にあったポジション探していくのが良いと思います。

時間はかかりますが、是非自分にあったピアノのポジションを見つけてみてくださいね。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ