ピアノの練習でゆっくり弾くことの大切さ

ピアノの練習方法はいくつかありますが、先生から「ゆっくり練習しなさい」と言われたことはありませんか?

それは何故なのか、今回は「ピアノの練習でゆっくり弾くことの大切さ」について、理由とともにお話ししようと思います。


1.いきなり速く弾くのは難しい

ゆっくり弾くべき理由の一つ目にあげられるのが、単純なことですが、いきなり速く弾くことが難しいからです。

慣れてからならともかく、ピアノで一本一本の指を速く動かしていくのは、難しいことです。

特に、始めたばかりの曲を両手で速く弾くのは、一番難しいですよね。

そのため最初はゆっくりから練習していき、できるようになってから少しずつ速くしていくほうが良いでしょう。


2.すべての音を意識できる

しかし速く弾けるようになってからも、先生は「ゆっくり弾く練習をもっとするべき」と言ってくるかもしれません。

それを疑問に思わないでください。

その先生はきちんとピアノを練習してこられた先生ですし、あなたにもきちんと弾いてほしい、と思っている先生ですよ。

そこまでゆっくり練習させる理由は、意識の問題です。

人間なら誰でも、たくさん練習していると、だんだん無意識でも指が動くようになってきます。




何回かは無意識で上手く弾けて、楽だと思うかもしれませんが、ピアノは両手で違う音を弾いていて、ただえさえ音が多いので、それらを無意識で弾ける状態は、長続きはしません。

だんだん音を忘れてしまったり、指が思ったように動かなくなって止まってしまいます。

そうならないためにも、ゆっくり弾く練習を、日頃からしている必要があるのです。

不思議なことですが、速くばかり弾けたとしても、その後ゆっくり練習しようと思うと意外と難しくて弾けませんが、ゆっくり弾ければ、速くも弾けるものなのです。

ピアノの上達にはかかせない練習方法です。


3.暗譜しやすい

意識の問題とも繋がってきますが、ゆっくり弾く練習で丁寧に弾けるようになると、暗譜にも困ることがないです。

ゆっくり弾いているときには一音一音意識できていると思うので、どこにどんな音がある、と練習の中で自然と覚えていることが多いです。

これらの理由から、ピアノの練習でゆっくり弾くことが大切だと、お分かりいただけましたでしょうか?

速く弾けるようになる、暗譜もしやすくなる、と上達にメリットばかりの練習方法ですね。

しかも誰にでも簡単にできるので、ぜひ今日から日々の練習に取り入れてみてください。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ