普段から行いたい鍵盤の掃除やお手入れ

ピアノの鍵盤のお手入れや掃除、皆さんはどうされていますか。

アコースティックピアノがあるという方も、電子ピアノだという方も、鍵盤は練習していると、いろいろな汚れがついてしまいます。

今回は、「普段から行いたい鍵盤の掃除やお手入れ」についてお話します。

1.鍵盤の汚れと鍵盤の掃除

鍵盤についているいろいろな汚れと、その掃除の仕方についてです。

ピアノの鍵盤にはどのような汚れがついているのか、またその汚れは、どのように掃除するのかを説明します。

1.鍵盤のいろいろな汚れ

普段のピアノの練習などで、鍵盤に付いてしまう汚れについてです。

ピアノは手で弾くのですから、手の汗など、汚れが鍵盤についてしまいます。

また、人の体の油分などがついてしまうこともあります。

また、ホコリも空中には舞っているので、ホコリもピアノの鍵盤にはよく付いています。

とくに、指があまり鍵盤を弾かない、鍵盤の低い音域や高い音域の場所など、ホコリが付いていたりします。

鍵盤にはそのようなホコリや汚れが付いているので、普段から、鍵盤の上を拭くなど掃除が大切です。

2.鍵盤の掃除について

どのようにして、ピアノの鍵盤を掃除するかについてです。




ピアノの鍵盤に付いた汚れは、柔らかい布で拭きましょう。

いろいろな汚れがあっても、洗剤や化学ぞうきんを使って拭くのではなく、柔らかい布で拭きます。

それでも、汚れが気になる場合は、水を含ませた柔らかい布をしっかり絞って拭く、または楽器店などで売っている「鍵盤クリーナー」で拭くと良いです。

ピアノの鍵盤が、白鍵が象牙、黒鍵が黒檀という場合は、「鍵盤クリーナー」は使わないで、柔らかい布で乾拭きして下さい。

2.その他のお手入れについて

普段から、ピアノが良い状態であるように、お手入れや注意することについてです。

ピアノは、湿気に弱く、湿気の多いところに置いていると、ピアノのハンマーやダンパーについているフェルトが湿気を含んで音がくるってしまったりします。

普段から、換気をする、湿気がひどい場合は除湿機を置くなどして、湿気対策をしましょう。

お茶や飲み物など、こぼれたら大変なので、ピアノの上に置かないようにしましょう。

ピアノを弾いた後、鍵盤の蓋をきちんと閉めましょう。

ピアノを弾く人にとって、ピアノは大事な楽器ですので、いつもきれいな手で弾く、鍵盤をきれいに保つなど、普段から大切なピアノのお手入れをしましょう。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ