ピアノの練習はキーボードでできるのか?

ピアノを習い始める時、お家にピアノがない場合はまず楽器を用意しなければいけません。

ピアノを置くのは大きすぎるからキーボードにしよう、またはキーボードならお家にあるからこれで練習させようなど、楽器を安易に考えてはいけません。

ピアノの練習をキーボードでするとどうなるのかをお伝えします。

1.ピアノの練習をキーボードでできる?

ピアノを習っている人の中には、お家はキーボードで練習しているという人もいます。

お家のご事情もあり、置き場所や音の問題などでピアノが置けないというのは仕方がありません。

しかし結論を言うと、ピアノの練習はキーボードで練習できません。

詳しくは次の項目でお伝えしますが、まずピアノは鍵盤の高さに対して、弾く人の身長に合わせた適正な椅子の高さを調整し、正しい姿勢で弾くことにより手や腕に無理な力を入れずに弾くことができます。

レッスンの時だけピアノで正しい姿勢で弾くことはできません。

2.キーボードのメリット、デメリット

キーボードで練習するのはメリットもありますが、デメリットも多いです。

ではまずピアノとキーボードの違いを説明しましょう。

1.構造の違い

ピアノは鍵盤を押すとハンマーが弦を叩き音がなる生音です。

それに対しキーボードは鍵盤を押すとその音がスピーカーからなる電子音です。

ピアノの鍵盤は88鍵盤に対し、キーボードはものによりますが61鍵盤ぐらいです。

ピアノは自分が弾いた通りの音を出すことができます。

タッチによって音色が変わります。




優しいタッチの時は優しい音、指先に力を入れて弾くと力強い音、などその人の感情や思いが鍵盤に伝わり様々な音色を奏でることができます。

しかしキーボードは電子音なので音色が1つです。

どんなにタッチを変えたり、表情をつけようとしても音にすることはできません。

このように、ピアノとキーボードは全く別の楽器なのです。

2.キーボードのメリット

安価なので気軽に購入でき、大きさもピアノより小さいので置き場所に困りません。

音の大きさもボリュームで変えることができるので周りの迷惑になりませんし、夜遅い時間でも小さい音にしておけば練習することができます。

3.キーボードのデメリット

ピアノとキーボードは鍵盤が全く違います。

キーボードの鍵盤はピアノの鍵盤と違いとても軽いです。

ですからどんなにお家で練習していっても、実際レッスンで使用するピアノの鍵盤は重たいので練習通りに弾くことが難しいでしょう。

そして、先程説明した通りピアノは自分の弾きたい音を出すことができますが、キーボードはどんな弾き方をしても音色は同じです。

キーボードでの練習に慣れてしまうと、ピアノで様々な音色を出すことができないでしょう。

あとピアノのペダルがキーボードにはなく、ペダルを使う曲は練習できません。

そうなるとキーボードで練習するには限度があります。

最初の導入時期、初級レベルが限界だと思います。

ピアノを上達させるには、ピアノは絶対に必要です。

適正な楽器を選び、ピアノを上達させましょう。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ