ピアノのスタッカートの上手な弾き方

ピアノの弾き方に「スタッカート」がありますが、上手に弾くにはどうしたらよいでしょう。

スタッカートは、音を1音ずつ短く切って弾く弾き方です。

音を続けて弾くのでなく、1音1音短く切り離して弾いていきます。

1.スタッカートの上手な弾き方

この項目は、スタッカートを上手に弾くには、どのような弾き方をするのかを説明します。

スタッカートの弾き方を上達させるために、スタッカートについて細かく見ていきましょう。

1.スタッカートの指の動き

スタッカートの弾き方では、指はどのように動いているのかをスローモーションで説明します。

まず、ピアノの鍵盤にふれている指が、鍵盤の底を突くように(打鍵速度は速い)弾きます。

鍵盤の底を突くように指を下げる(弾く)瞬間は、筋肉は弾くための力を入れますが、その後すぐ筋肉は緩められ、力は抜けます。

ピアノの鍵盤は、ピアノの構造上、鍵盤の上の力や重みがなくなるとすぐに上へ戻ってきますので、音を弾いた後、力が「即座」に抜けた指は、鍵盤に押し返されるように、鍵盤を下げる前の、元の状態に戻ってきます。

これは1音だけの、スタッカートの指の動きですが、それが次の指、次の指へと連続されていってスタッカートを弾いているわけです。

では、わかりやすく言うと、どのようにピアノでスタッカートを弾いているのでしょう。

).push({});

これでは、腕がスタッカートを弾いてしまっています。

スタッカートは指の動きで作ります。

手首や肘は、広い音域をスタッカートで弾いていく場合に、ピアノの鍵盤を指が横へ移動する為に、使われることはありますが、スタッカートの弾き方をするのには使われません。

和音など、2つ以上の音をスタッカートにする場合も、基本は同じですが、単音をスタッカートで弾くよりも弾きにくく、腕を使ってしまわないように注意しましょう。

2.脱力はとても大切

脱力できず、力が入ったままのスタッカートになっていませんか。

「指をピアノの鍵盤にふれている状態から、無駄な動きをせず」に、先ほどの説明のようにスタッカートを弾いているように見えて・・・実は、落とし穴があります。

腕や指に、力が「入ったまま」の状態になっていることです。

小さな音でスタッカートを弾いているときなどに、力が入ったままの弾き方になっている人が多いのですが、力が入ったままの弾き方では、指が鍵盤の底まで届いていないので、浅く、鍵盤の上っ面だけを、弾いていることになります。

これではピアノの音が、芯のない、しっかりと鳴っていない音になり、音の響きも悪くなります。

指や腕に力が入ったまま弾いていないか、気をつけましょう。

スタッカートは、ピアノ初心者でも簡単に弾いてしまいがちですが、正しい弾き方で弾くのは、難しいです。

いろんなピアノ曲で、スタッカートの部分を上手に弾けるように、スタッカートの弾き方を上達させる為には、正しいスタッカートの弾き方で、始めは「ゆっくり」から練習しましょう。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ