ピアノのドレミファソラシドの指使いの上達法

音楽、ピアノの音と言えばドレミファソラシドですが、それを弾こうとすると、指にいくつかの問題があり難しく、簡単に弾けるものではありません。


1.指くぐり

まずこのドレミファソラシドですが、そのまま弾こうとすると、ドレミファソラシドと音が8個あるのに対して片手は指が5本。

そうです、足りないのです。

困ってしまいますよね。

そんな時に、どうしたらよいかと言うと、それは、「指くぐり」です。

指をくぐる、くぐらせる、というのは、例えば親指をくぐらせる場合は、他の4本の指の下を通って親指を次の弾きたい鍵盤のところにもって行く、ということです。

親指以外の指をくぐらせる場合は、反対に他の指の上を通って次の音を弾きます。

指くぐりができれば、何個の音でも連続して弾けるようになります。

この指くぐりさえマスターできれば、ドレミファソラシドの上達への一番の近道です。


2.両手の指使い

指くぐりだけでなく、もう一つ越えなければならない壁があります。

それが、左右で指使いが違う、ということです。

人間の指というのは、親指が体の中心の方にありますよね。ピアノでは、指に番号を付けて呼んでいて、その番号が、親指が1番、人差し指が2番…小指が5番なのです。




なので、ドレミファソラシドを弾くときも、一番最初のドを弾くのは、右手では1番、左手では5番、となり異なりますので、ピアノに慣れていないと、まずここで混乱してしまいます。

では実際にどんな指使いで弾くのか、両手の指使いの違いを見ていきましょう。


1.右手

それではまず、右手のドレミファソラシドからです。

親指から始めて、上がるときは12312345、下がるときは54321321になります。


2.左手

次に左手は、小指から始めて上がるときは54321321、下がるときは12312345です。


3.共通点もある

両手の指使いはご覧の通り違いますが、右手の上がるときと左手の下がるとき、右手の下がるときと左手の上がるときの指使いは同じです。


3.練習法

最後に、ドレミファソラシドの練習法についてですが、先ほど述べたように両手で指使いが異なるため混乱しやすいので、片手ずつよく練習してください。

そして慣れてきたら、両手で弾くのですが、大抵の方は1回では上手くいきません。

数回やって成功すれば良い方です。

慣れるまでは指使いを全部書いて、見ながら練習したり、無理せず少しずつ丁寧に取り組んでみてください。

諦めずに繰り返し練習してドレミファソラシドが上達できれば、ピアノの腕自体が上がったことにもなりますよ。

頑張ってくださいね。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ