ピアノにおける度数と指の長さ

ピアノでよく使われる「度数」。

音の間隔を表したり、指の長さの指標となったりします。

なんとなく使っているかもしれませんが、実は細かいルールがあります。


1.度数とは

そもそも度数とは何なのでしょうか。

正確に言うのならば、2つの音の間隔を表したものです。

噛み砕いて言うと、2つの音がどのくらい離れているかを指したものと言えるでしょう。

「1度」「2度」と表され、数字が大きければ大きいほど、2つの音が離れている事を意味します。

ピアノを弾くだけならば、正直それほど理解する必要はありませんが、より深く曲の構成について知りたい人、作曲やアレンジなどに興味がある人は、勉強してみると上達が速まるかもしれません。


2.度数の数え方


1.基本の数え方

度数をただ数えるだけならば、楽譜の音符が読めればそれほど難しくありません。

端的に言えば、白鍵の数を数えれば良いのです。

例えば、ドとミの和音を考えます。

ドからミまでの鍵盤の数は3つです。

よって、度数は「3度」になります。

同じように、レとファの和音や、ソとシの和音の度数も「3度」となります。

ここまで、説明すれば大体分かってきたでしょうか。

ドとファならば4度、ドとシならば7度となります。

1オクターブは8度になると覚えておくと、度数を言われたときに、ぱっとイメージが湧きやすいですよ。




また、シャープやフラットがついた場合も、変わりません。

ドとミ♯の度数も3度、ドとシ♭の度数も7度となります。


2.度数の区別の仕方

上で述べたように、シャープやフラットがついても度数の数え方は変わりません。

しかしながら、音の間隔は違うのですから、区別する必要があります。

そこで、度数の前に「増」「減」や「長」「短」などの言葉ををつける事によって区別するのです。

例えば、2度は「長」か「短」に分けられ、全音違う場合は「長2度」、半音違う場合は「短2度」となります。

ドとレの和音は長2度、ドとレ♭の和音は短2度になります。

他にも細々とした区別があるので、興味のある人は調べてみましょう。


3.度数と指の長さ

趣味でピアノを弾いている人が、度数の理解の有無で上達に差が出る事はないかもしれませんが、1オクターブが8度である事くらいは覚えておいた方が良いでしょう。

また、自分の指が何度までならば届くか把握しておくと、弾くピアノ曲を決める時も役に立ちますよ。

成長期の方ならば、指の届く度数を数えていれば、自分の手の大きさの成長を感じられるかもしれませんね。

成長期が終わってしまった方も、ストレッチやマッサージによって手が広がるようになれば、指の届くピアノ度数が増える事もあります。

諦めずに、お風呂場などでストレッチをしてみましょう。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ