ピアノのクレッシェンドとデクレッシェンドの上手な弾き方

クレッシェンドとデクレッシェンド、ピアノを弾く人はよく聞きますが、では実際、上手に弾こうと思ったら、どのような弾き方をしたらよいのでしょうか。

).push({});






2.音の粒をそろえる

クレッシェンド、デクレッシェンドして弾いている部分の音の粒を、きれいにそろえて弾きましょう。

「だんだん強くして」そう思って弾くと、「強くしないと」という思いから、手や指に力が入って、固く汚い音や、無理のある強さになってしまうことがあります。

また、「だんだん弱く」と思うあまり、音が上ずったり浮いたりしてしまうと、芯のない音でデクレッシェンドが終わってしまう、などということになります。

音が固くなったり、上ずって浮いたり、そのほかにも、クレッシェンドやデクレッシェンドしているフレーズの途中で、音がボンと一音飛び出して大きくなったり、反対に音が抜けてしまったり、そんな弾き方だと、きれいで音楽的なクレッシェンド、デクレッシェンドとは言えません。

音の粒をそろえて弾くには、最初の項目で「このくらいの大きさから始めて、このくらいの大きさで終わる」と計画されたクレッシェンドやデクレッシェンドを、計画通りに仕上がるように、ゆっくり練習することです。

ゆっくり弾く事で、強くしていく段階で、腕や指に力が入ってくることを防ぐことができ、また、弱くしていく途中に音が上ずったりせず、弾けるようになります。

ピアノの上達には、ゆっくり練習がとても大切です。






2.自然なクレッシェンド、デクレッシェンドとは

ここからは、クレッシェンドやデクレッシェンドをどのように自然に弾くかということをお話しします。

歌を歌う時のことを考えてみましょう。

自分が歌いやすい歌でよいので、盛り上がっていくところを、クレッシェンドをつけてだんだん大きく歌ってみると、腹筋を使って押していくように歌っていることがわかりますか。

同じように、デクレッシェンドでだんだん小さく歌う時も、腹筋は使われています。

「弾き方」というと、指先のことだけ思ってしまい、音の強弱や、クレッシェンド、デクレッシェンドなどを、指先だけで作ろうとしてしまいますが、音楽は心や体も同時に奏でているので、歌を歌う時のように、歌ってみて自然なクレッシェンド、デクレッシェンドを作るようにします。

クレッシェンド、デクレッシェンドが上手に弾けるように上達したいと思ったら、「クレッシェンド、デクレッシェンドを、上手に弾く弾き方は・・」ではなく、「こんな感じに大きく盛り上げていきたい」、「こんなふうに小さく消えていくように」と、まずは「こう弾きたい」という気持ちがあって、そうなるように練習をしてこそ、自然なクレッシェンド、デクレッシェンドが出来るようになるでしょう。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ