ピアノ初心者が譜面を見ながら弾けない理由

ピアノ初心者の方で、譜面を見ながらピアノを弾くことができないという方を、たまに見かけます。

その理由は何なのか、克服するにはどうすれば良いのかを紹介したいと思います。


1.ピアノ初心者が譜面を見ながら弾けない理由

ピアノ初心者の方で、どうしてピアノ経験者は譜面を見ながら正しい鍵盤を叩けるのか、疑問に思ったことがあるでしょう。

経験者から見ると当たり前なのですが、ピアノ初心者、特に大人になってから始めた人には、理解しにくいと思います。

理由としては以下の理由があります。

1つ目は、ピアノ経験者は、鍵盤の位置をある程度覚えているからです。

長く続けている人ほど、鍵盤の大体の位置を身につけています。

プロになると、目をつぶっても弾けるかもしれませんね。

そのため、譜面を見ながら弾いても、大体の音がつかめるのです。

2つ目の理由は、ピアノの弾き方にあります。

これもまた、結局は経験によるものなのですが、ピアノ経験者は手の動かし方、指の回し方がうまいです。

楽譜を見ながら、次の和音に移る時はどうすれば最小限の動きで移動できるか判断し、無駄に動いたり指を離したりしません。

それに対して、初心者の方は、1音弾くたびに指を離したり、置くべき場所を行き過ぎてしまったりと、無駄な動きが多いです。

そのため、鍵盤を見ながらでないと弾けないのです。

そして3つ目の理由としては、楽譜を見る速度があります。

経験者の方は、楽譜を読む速度が速いです。




例えば、ぱっと和音を見た時に、すぐに大体の音と手の形を予測でき、鍵盤を見て調整することができます。

ですから、譜面を読みながらも、その合間合間に鍵盤を素早く見て、また楽譜を見るというようなことも可能なのです。

以上の3つのように、経験者が譜面を見ながら弾ける理由は、最終的には経験よるところが大きいです。

よって、長く弾いていれば、必ずいつかは譜面を見ながら弾くことができるようになります。

しかしながら、そうなるためにもいくつか注意点があるので、参考にしてください。


2.譜面を見ながら弾けるようになるために

結局のところ、たくさんの曲を弾いていけば、譜面を見ながら弾けるようになるのですが、初心者がやってしまいがちなあることをやってしまうと、うまく上達しなくなってしまいます。

それは、楽譜を完全に覚えてしまうことです。

パッと聞くと、特にかまわないのではと思いますが、実はこれが落とし穴なのです。

初心者で譜面を見ながら弾けない人は、曲を弾くために暗譜してしまおうと思います。

暗譜する能力は大切なのですが、暗譜してしまうと、すべて鍵盤を見ながら弾くことになってしまいます。

これを全ての練習で行っていると、鍵盤の感覚や、和音を一瞬でつかむ能力がつかなくなってしまうのです。

楽譜を見ながら弾く力は、ピアノを続けていくのならば身につけなければならない能力です。

その能力を身につける為にも、全ての曲を暗譜はしないようにしましょう。

それだけを意識して、とにかくたくさんの曲を弾いていけば、いつの間にか弾けるようになっていると思いますよ。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ