ピアノ初心者の為のメトロノームの使い方

一定のテンポを刻むことができるメトロノーム。

拍感がつかめていないピアノ初心者には必須のアイテムです。

メトロノームの必要性と使い方を分かった上で、正しく利用しましょう。


1.メトロノームの重要性

メトロノームは、一定のテンポで拍を刻むことができる用具です。

使い方としては、主に以下の3点があります。


1.曲のテンポの指標とする

楽譜の左上に、「Allegro」や「Viace」などと書かれているのを見たことはありませんか。

これは速度記号と言い、その曲のテンポを表します。

例えば聴いたことのない曲を弾く時は、その曲がどれくらいの速さで弾けばよいのか分かりません。

それを明確にすることができるのが、速度記号です。

そしてメトロノームは、それを実際に拍として刻んでくれます。

すなわちメトロノームは、その曲にふさわしいテンポで弾くための指標となるのです。


2.テンポを一定に保たせる

1曲通して弾く時に、常に同じテンポで弾けていますか。

音数の多い小節だけ、他の小節より長くなっているということはないでしょうか。

メトロノームは、そのようなテンポのブレを見つけることもできます。

特にピアノ初心者の方は、自分が弾いている時はテンポが乱れていても気付きにくいです。

普通の曲ならまだしも、練習曲などでテンポが一定でないのはあまり良いことではありません。




テンポが乱れていると感じたら、すぐにメトロノームで確認してみましょう。。


3.正しいリズムを把握する

曲の中には、付点や連符などが複雑に組み合わさったフレーズが出てくることがあります。

メトロノームは、そのような分かりにくいリズムを弾く時にも役に立ちます。

裏拍などは正確に刻むのは難しいですが、メトロノームを使うと分かりやすいでしょう。

リズムを練習する場合は必ずしも曲のテンポに合わせる必要はなく、最初はゆっくりのテンポから合わせ、だんだんと上げていってください。

複雑なリズムでも、必ず上達しますよ。


2.ピアノ初心者がメトロノームを使用するにあたって

ピアノ初心者はメトロノームを使っていても、うまく合わせられないかもしれませんが、今のうちから使い続け少しずつ慣れていきましょう。

難しい曲になればなるほど、テンポを一定に保ったり、拍通りのリズムを刻んだりするのに苦労します。

テンポをきちんと守ったり、リズムを正しく刻んだりすることは、ピアノを弾く上でとても大切なことです。

より上達するためにも、諦めずに練習してみましょう。。

最後に、振子を使ったメトロノームはとても繊細です。

落としたりぶつけたりすると、一定のテンポを刻めなくなってしまいます。

丁寧に扱うようにしましょう。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ