ピアノの初心者の練習に必要な鍵盤数と注意点

グランドピアノは大きく、鍵盤が88鍵ありますが、初心者にはその全部が必要なわけではありません。

今回は、「ピアノの初心者の練習に必要な鍵盤数と注意点」についてお話ししようと思います。


1.キーボードの鍵盤数と目安

まず始めに、キーボードの鍵盤数を例に出して考えてみます。

先ほど話題に出たグランドピアノだけでなく、アップライトピアノ、電子ピアノも鍵盤数は88鍵あります。

しかしキーボードだけは鍵盤数は様々で、76鍵とピアノとほとんど変わらないものから、61鍵、49鍵や、44鍵や32鍵のミニサイズまであります。

ピアノの初心者で、これからキーボードを買おうと思っている方は、これだけの種類に迷ってしまいますよね。

1オクターブ(ドから次のドまで)に鍵盤は黒鍵、白鍵合わせて12鍵あり、32鍵のものは、3オクターブ弱しかありませんので、右手、左手で1オクターブずつ使うとして、それ以上の曲はほとんど弾けません。

44鍵のものを選ぶとそれよりは余裕があり、片手で2オクターブ近くありますが、これでも最初の数年、初級の教本の曲くらいしか弾けません。

よほど簡単な曲しか弾かない、と分かっている場合以外は、4オクターブ、48鍵以上あるキーボードを購入すると良いでしょう。

もし少ない鍵盤数のものを買った後で足りなくなってしまった場合は、買い換えるのが一番速いですが、そうもいきませんよね。




そういった場合は、家で練習するときは足りない部分が弾けなくなってしまいますので、レンタルスタジオや市民に貸し出しているピアノスペースを探したり、ピアノ教室で練習したり、積極的に大きいピアノで練習する機会を作ると良いでしょう。

鍵盤が少ないからと言って、上達を諦めないでくださいね。


2.気を付けたいこと

実際は初心者のかたは88鍵全部使うわけではありません。

中心よりの、先ほど説明したほどの鍵盤数しか使いませんので、必要なだけあるキーボードなどで練習しても変わりはない、と思うかもしれませんが、そうではありません。

ピアノのレッスンではアップライトピアノやグランドピアノを使うことがほとんどだと思いますが、例えば音が急に2オクターブやそれ以上移動する場合に問題が生じてしまいます。

移動をする時に、どこまで腕を動かすのか、小さいキーボードでは端に近くて分かりやすかったけど、大きいピアノではそうではなく、距離感がつかめなくしまうのです。

特に発表会などの緊張する場ではなおさらです。

そうならないためにも、やはり大きい楽器を用意した方がよいですが、できない場合は、その移動の距離をかなり意識して練習するしかありません。

鍵盤数が足りなくてもピアノを上達させることは可能ですので、頑張って練習してくださいね。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ