初心者のためのピアノの弾き方の基本

ピアノの初心者の方、特に独学で始めた方は、自分の姿勢や弾き方が合っているのか迷うと思います。

ピアノの弾き方に関するコツは色々とありますが、今回は姿勢や手の形など、本当に基本の点について紹介します。


1.初心者に注意してほしいピアノを弾く時の姿勢

ピアノを弾く時の姿勢は、そのままピアノのうまい下手に関わってきます。

注意してほしい点は3つです。

1つ目は鍵盤の中心をおへその前に持ってくること。

よほど音域が偏った曲を弾かない限り、この基準を守りましょう。

鍵盤全体を見渡せることが、重要です。

2つ目は背筋をよく伸ばすことです。

弾く過程で、多少丸めることはありますが、基本は一般的に言われる、「良い姿勢」を保ちましょう。

これもまた、視界を広げることができ、余計な力が入ることを防ぎます。

3つ目は、足がペダルに届き、かつ、鍵盤全体が見える位置に座ることです。

初心者のピアノの弾き方として、鍵盤から近すぎる位置に座ることが非常に多いです。

音域が広がってくると、鍵盤を見渡せるというのは大切なことです。

ペダルを使うことが少なくても、足をペダルに置ける姿勢で弾くようにしましょう。

ピアノを弾く姿勢を変えただけで、ぐんと上達するということもあります。

常に姿勢は気にするようにしましょう。





2. 初心者に注意してほしいピアノを弾く時の手の形、腕の形

手の形でよく言われるのが、「弾いている時に卵が手の中に入るように」というものです。

パッと聞いただけではよく分からないと思いますが、要するに「指を伸ばしたまま弾かない」「手の甲を丸めて弾く」ということです。

指や手のひらを伸ばしたまま引くと、指が素早く動かないうえに、指の関節に無理な力がかかります。

最初は弾きにくいと感じるかもしれませんが、良く意識して弾きましょう。

次に腕の形ですが、腕は少し外に開くくらいのイメージで弾いて良いでしょう。

内側に閉じてしまうと、どうしても縮こまってしまい、のびのびと弾くことができません。

胸と腕を開いて、視界を広く持てると良いです。

手の形や腕の形は、速いパッセージや跳躍などに関係します。

最初のうちから正しい形を身につけられれば、上達の妨げになりませんよ。


3. 初心者に注意してほしいピアノを弾く時の体全体の力

これもまた、初心者のピアノの弾き方でよくあるのが、力んでしまうことです。

肩に、腕に、手に余分な力を入れてしまうことが多いのです。

実は、ピアノに力はほとんど必要ありません。

打鍵の時の反動や腕の重みを利用しているからです。

むしろ、力を入れてしまうと、強張ってしまい、素早く動けなくなります。

常に脱力を意識しながら弾きましょう。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ