ピアノの初心者が気をつけたい手の形

ピアノの初心者がピアノを弾くときに気をつけたいことはたくさんありますが、特に、正しい手の形をしっかり学べば、速く上達が見込めます。

今回はその「ピアノの初心者が気をつけたい手の形」についてお話ししようと思います。


1.何故手の形が大切なの?

まず始めに、ピアノを弾くのに何故手の形が大切なのか、その理由から説明します。

ピアノは優雅そうに見えて、かなり体力が必要な、スポーツのような要素もあります。

指だけが動けば良いわけでもなく、実は体全体を使っています。

例えばスポーツを上達させようと思ったときに、みなさんは何をしますか?

トレーニング時間を増やしたり、基礎体力をつけたり、それからボールをもっと飛ばしたければ、そのフォームから見直したりすると思います。

ピアノも同じで、今挙げたことは、全部します。

その中でもフォーム=手の形の見直しは、特に初心者だからこそ、今直しておけば、これから先の上達のスピードに関わる、大事なことなのです。

間違った弾き方を続けると、腕を痛めてしまうことも、考えられます。

スポーツ選手のかたでも、怪我で引退、なんてことを聞いたことがありますよね。

そうならないために、初心者のときから手の形をしっかりと身につけていきましょう。





2.正しい手の形

それでは、一体どんな手の形で弾くのが良いのでしょうか?

ピアノを弾く前に、一度手をグーにしてみてください。

そうすると、指の第三関節の骨が出てきますよね。

その骨が、なるべく引っ込まないように、少しずつゆっくり手を広げていきます。

横から見て半円型になったら止めてください。

今、手のひらの中に卵やボールが入りそうなくらい、丸くなっていますか?

第三関節の骨はしっかり出ていますか?

この手の形が、正しいピアノのフォームです。

この状態から指を下ろして、音を出します。

ここで一つ覚えておきたいことがあるのですが、指は、手のひら側の上から3本目の横線から曲がっているのではありません。

実際の関節はもう少し下にあり、手相で言う感情線のあたりですので、そこから動かすように心がけてみてください。

親指に関しては、第二関節ではなく、付け根は手首のところにあります。

親指は思っているよりも長いので、その長さ分しっかり動かすようにしましょう。

初心者だからこそ、今、手の形を完璧にして練習していけば、速く上達するはずです。

曲の練習だけが大切というわけではないので、一度、このように手の形を改善させてみてはいかがでしょうか?







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ