ピアノの初心者が守りたい注意点

ピアノの初心者の方は、どんなことに注意すれば良いのか、分かりませんよね。

そこでお読みいただきたいのが、この「ピアノの初心者が守りたい注意点」です。


1.無理のない選曲を

まず一つ目の注意点は、選曲についてです。

この曲が弾きたいからピアノを始めたい、と目標が明確であればあるほど、いきなりその曲に取りかかって、間違ったまま練習を続けたり、弾き方が分からず難しくて嫌になってしまう可能性も大きいです。

ふつうピアノの初心者は、まずは曲にもならない片手のドレミから練習し、右手、左手ができるようになった後に両手となり、子供だけでなく大人も「ぶんぶんぶん」や「ちょうちょう」などの曲も練習していきます。

これらの段階は、初級の教本を買って、順番に弾いていくと分かりやすくて良いです。

数曲ごとにだんだん新しいことをできるようにしていくので、弾きたい曲にも、一歩ずつ近づいていけますよ。

ピアノは本当に基礎が大事なので、焦らずに、無理のない曲から練習を始めましょう。


2.ピアノの先生に習うほうが安心

二つ目の注意点は、ピアノの先生に習うほうが良い、ということです。

初心者の方の中には、ピアノの先生に習うか、独学でやるか、悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。




先生に習う方が良い理由は、先ほどの選曲のこともそうですが、難しい箇所の相談なども、先生に聞いた方が早くて正しいからです。

独学で頑張りすぎず、いろんな判断はピアノの先生にしてもらうことをおすすめします。

中には、事細かに指使いや練習のポイントなどが書いてあったり、演奏お手本のCD付きの教本なども見かけたことがありますが、それらを読んでやったとしても、それが正しくできているのかどうか、判断してくれる先生がいて始めて、その教本が上達につながるのだと思います。

レッスンに通うかどうか迷う一番の理由は、たいていは料金ですよね。

確かにピアノのレッスンに通うにはお金がかかります。

1ヶ月のお月謝が安くても5000円~15000円ほどかかります。

ですが教えてもらう知識代、グランドピアノ代、防音のお部屋代などももちろんですし、何より、弾けたら良いなと思っているピアノのレッスンの時間と空間にお金を払うので、決して無駄にはなりません。

素敵な先生に出会って、上達する自分を思い描いてみてください。

レッスンに通うのが楽しみになってきませんか?

以上がピアノ初心者の方への注意点です。

ピアノの先生に相談しながら、無理なく曲を演奏できるようになるといいですね。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ