初心者の大人が独学で学ぶピアノ

普段忙しい大人は、なかなかピアノ教室に時間を取りづらく、独学でやるか迷ってしまいますよね。

そんな方のために、「初心者の大人が独学で学ぶピアノ」と題して、独学の良い点や注意点を説明していき、独学でやるのか迷っている方の参考になればと思います。


1.良い点

まずは、初心者の大人が独学でピアノを勉強する場合の良い点からお話しします。

それはやはり、いつでも時間の空いたときに、自分の好きな場所で、好きなだけ、学べることでしょう。

レッスンに定期的に通ってしまうと、何曜日までに練習しなければ、と期限があるようで、忙しい大人には、ストレスに感じてしまうかもしれません。

しかし独学でやれば、自分のペースで進められるので、そのような心配はありません。

また、レッスンに通うと、お月謝が毎月数千円~1万数千円ほどかかります。

せっかくお金を出しているのに、忙しい週は行けなかった…となると、もったいないですよね。

独学でやっていれば、教材費だけですみますので、お財布にも優しいですね。


2.独学の注意点

次に初心者の大人が独学でピアノを勉強する場合の注意点ですが、間違った方法で練習を進めていても、間違いに気がつかない、ということです。




初心者が思っている以上にピアノは難しいですし、テクニックが上達するのに時間がかかります。

また、間違った弾き方をしていると、腕や手が痛くなってしまいます。

教本やプロの映像を見て研究したとしても、あなたの弾き方が正しいのか、見てくれる先生は必要だと思います。

独学で学ぶ場合は、長く続けるためにも、弾き方などに注意しながら練習していく必要があります。

また、独学でやると、ピアノ発表会などの機会もありません。

発表会には出なくてもいい、とお考えの方もいるかもしれませんが、毎年は出なくても、数年に1回でも、発表の場があったほうが上達します。

他の初心者がどんな曲を練習しているのか、刺激にもなりますので、発表会はおすすめです。

独学の場合は知人のツテを頼ったり、インターネットで探したりしてみて、発表の場を自分で作ってみてください。


3.まとめ

独学の良い点、注意点を説明しましたが、いかがでしたでしょうか?

自分のペースで進められてお金もかからない独学か、正しい方法を教えてくれて発表会の機会もあるピアノ教室か。

大人になった今は、自分で学ぶこともできるし、自分のお金で習いに行くこともできます。

ご自分に合っている方法で、楽しいピアノライフを送れるといいですね。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ